「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか 」-東京都現代美術館

「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか 」-東京都現代美術館

名称:「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか 」-東京都現代美術館
期間:2020年11月14日(土)- 2021年2月14日(日)
会場:東京都現代美術館 企画展示室 3F
開館時間:10:00-18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(11月23日、2021年1月11日は開館)、11月24日、12月28日-2021年1月1日、1月12日
入館料:一般 1,300円 / 大学生・専門学校生・65歳以上900円 / 中高生 500円 / 小学生以下無料
主催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館
協賛:ライオン、DNP大日本印刷、損保ジャパン、日本テレビ放送網、パルコほか
協力:公益財団法人DNP文化振興財団、劇団四季、資生堂、七彩ほか
助成:オランダ王国大使館
後援:公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会
住所:〒135-0022 東京都江東区三好4-1-1(木場公園内)
TEL:03-5245-4111(代表)
――――――
東京に生まれ、アートディレクター、デザイナーとして、多岐に渡る分野で新しい時代を切り開きつつ世界を舞台に活躍した、石岡瑛子(1938-2012)の世界初の大規模な回顧展。時代を画した初期の広告キャンペーンから、映画、オペラ、演劇、サーカス、ミュージック・ビデオ、オリンピックのプロジェクトなど、その唯一無二の個性と情熱が刻印された仕事を総覧します。

特集展示「MOTコレクション 第2期 コレクションを巻き戻す」-東京都現代美術館
「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか 」-東京都現代美術館

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る