「宮野鉄之助 —玉鋼を鍛えた鋸鍛冶—」竹中大工道具館

「宮野鉄之助 —玉鋼を鍛えた鋸鍛冶—」竹中大工道具館

名称:「宮野鉄之助 —玉鋼を鍛えた鋸鍛冶—」
会期:2020年10月10日(土)~12月13日(日)
会場:竹中大工道具館1Fホール
開催時間:※新型コロナウイルス感染症拡大予防対策のため、開館時間が変更となる可能性があります。
【現在の開館時間】
午前: 9:30~12:00(入館は11:30まで)
午後: 13:00~16:00(入館は15:30まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)
入館料:一般500円、大高生300円、中学生以下無料、65歳以上の方200円(常設展観覧料を含む)
主催:竹中大工道具館
住所:〒651-0056兵庫県神戸市中央区熊内町7-5-1
TEL:078-242-0216
URL:竹中大工道具館
  兵庫県三木市の鋸鍛冶(のこぎりかじ)、二代目宮野鉄之助(1901~96)は玉鋼(たまはがね)を使って鋸を作ることができた数少ない鋸鍛冶の一人でした。玉鋼とは、日本古来のたたら製鉄で精錬された鋼です。江戸時代の鋼は全て玉鋼でしたが、輸入鋼材の普及にともない、明治以降は次第に使われなくなっていきました。しかし刀鍛冶の家系に生まれた鉄之助は、戦後も玉鋼を使った鋸を作り続けます。そこには刀匠の技術に裏打ちされた、鋼を自在にあやつる匠の技がありました。本企画展ではその技術と作品の数々とを紹介します。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る