「日本刀オモテとウラの世界」刀剣博物館

「日本刀オモテとウラの世界」刀剣博物館

名称:「日本刀オモテとウラの世界」刀剣博物館
開催期間:令和2年10月24日(土)~12月24日(木)
開館時間:9:30 ~ 17:00 (入館は16:30まで)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合開館、翌火曜日休館)
入館料:
  大人 1,000円(700円) 
  会員 700円 
  高校・大学・専門学校生 500円 
  中学生以下 無料
  ※大人20名以上の団体は会員価格
主催:刀剣博物館
展示協力:株式会社便利堂
住所:〒130-0015東京都墨田区横網1-12-9
TEL:03-6284-1000
URL:刀剣博物館
主な展示作品
■太刀 銘 包永(名物 児手柏包永)
   (切付銘)兵部大輔藤孝磨上之異名号児手柏
天正二年三月十三日
(徳川ミュージアム所蔵)
■重要美術品 刀 無銘 二字国俊(個人蔵)
■重要美術品 刀 銘 国安(堀川)(個人蔵)
■重要美術品 太刀 銘 国俊 元亨元年十二月日
(刀剣博物館蔵)
■脇指 銘 国正(堀川)(刀剣博物館蔵)

それは日本刀やそれに付随した刀装・刀装具の世界にもオモテとウラの関係性があり、太刀と刀で表裏が定められているように、様式の中でオモテとウラには掟ともいえる規範が確立されています。本展覧会ではオモテの世界のみならず、今まで見落としがちでありましたウラ側にも着目して、形状や地鉄・刃文など表裏の違いが顕著に表現されている作品を展示する共に、作品制作における隠れた過程やウラの逸話、また日本刀史のウラの部分を紹介する企画となっています。今までとは異なる視点から日本刀の奥深い世界をどうぞご鑑賞下さい。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る