「インド 沙漠の民と美(後期) ラージャスターン州 伝統の木版更紗と絞り」岩立フォークテキスタイルミュージアム

  • 2021/1/7
  • 「インド 沙漠の民と美(後期) ラージャスターン州 伝統の木版更紗と絞り」岩立フォークテキスタイルミュージアム はコメントを受け付けていません
「インド 沙漠の民と美(後期) ラージャスターン州 伝統の木版更紗と絞り」岩立フォークテキスタイルミュージアム

名称:「インド 沙漠の民と美(後期) ラージャスターン州 伝統の木版更紗と絞り」岩立フォークテキスタイルミュージアム
会期:2020年11月26日(木) ―2021年3月13日(土)
  (年末は12/26まで・年始は1/7から)
  会期中の木−土曜の10時-17時開館
住所:〒152-0035東京都目黒区自由が丘1-25-13 岩立ビル3F
TEL:03-3724-5407
URL:岩立フォークテキスタイルミュージアム
 後期は、隣接するラージャスターン州の染織品を展示。州都であるジャイプル近郊には400年の伝統を持つ木版更紗の産地があり、村の暮らしに寄り添うように女性のスカート、被衣、袋、床敷き、壁掛けなどあらゆるものが使われてきました。また、布端から対角線に巻き、糸で括って染めることを繰り返す「ラハリア」や、日本の鹿の子絞りと似た「バンダニ」と呼ばれるインド特有の絞り技法が施されたターバンや被衣も併せて紹介します。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る