「アーティスト・イン・ミュージアム AiM Vol.9 三宅砂織」岐阜県美術館

  • 2021/2/9
  • 「アーティスト・イン・ミュージアム AiM Vol.9 三宅砂織」岐阜県美術館 はコメントを受け付けていません
「アーティスト・イン・ミュージアム AiM Vol.9 三宅砂織」岐阜県美術館

名称:「アーティスト・イン・ミュージアム AiM Vol.9 三宅砂織」岐阜県美術館
会期:2021年2月13日(土)〜3月28日(日)
アーティスト滞在日:会期中の金、土、日曜日
  (2月13日(土)、14日(日)、19日(金)、20日(土)、21日(日)、26日(金)、27日(土)、28日(日)
  3月5日(金)、6日(土)、7日(日)、12日(金)、13日(土)、14日(日)、19日(金)、20日(土)、21日(日)、26日(金)、27日(土)、28日(日))
  *状況により不在の場合があります。
住所:〒500-8368岐阜県岐阜市宇佐4-1-22
TEL:058-271-1313
URL:岐阜県美術館
 9回目となる「アーティスト・イン・ミュージアム」では、岐阜県出身のアーティスト 三宅砂織が滞在制作を行います。
三宅はこれまで、カメラを使わない写真技術といわれるフォトグラムの手法を用いた作品制作を行ってきました。既存の写真や印刷物をもとに描き、写真印画紙へ感光し再表出させることで生まれる作品は、それらのイメージが含みこむ物語や歴史的背景をも表出します。近年は映像作品や、制作に用いた品々を展示に組み込んだ表現にも取り組んでいます。
今回は岐阜県の風土や歴史、文化に改めて触れ、そこで出会ったものを作品制作に落とし込みます。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る