「江戸のデザイン帖~雛形本と浮世絵に見る意匠の美~」静岡市東海道広重美術館

  • 2021/2/10
  • 「江戸のデザイン帖~雛形本と浮世絵に見る意匠の美~」静岡市東海道広重美術館 はコメントを受け付けていません
「江戸のデザイン帖~雛形本と浮世絵に見る意匠の美~」静岡市東海道広重美術館

名称:「江戸のデザイン帖~雛形本と浮世絵に見る意匠の美~」静岡市東海道広重美術館
会期:2021年1月19日(火)-3月28日(日)
開催時間:午前9時~午後5時(入館は閉館の30分前まで)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は開館、翌平日休館)、年末年始(12/28〜1/4)
入館料:一般520円(410円)/大学生・高校生310円(250円)
  中学生・小学生/130円(100円)
  未就学児は無料
  ※( )は20名以上の団体料金
主催:静岡市東海道広重美術館
(指定管理者:特定非営利活動法人ヘキサプロジェクト)
協力:株式会社紺文シルク
住所:〒421-3103静岡県静岡市清水区由比297-1
TEL:054-375-445
URL:静岡市東海道広重美術館
 現在、われわれが「きもの」や「和服」と呼んでいる日本伝統の衣服は、江戸時代以前においては一般に「小袖」と呼ばれていました。形態に重きを置く西洋の衣服に対し、その背面を中心とした意匠に重きを置く日本の「小袖」。本展では小袖の模様にみられる意匠の美を江戸時代の浮世絵とファッションデザインの見本帳でもある雛形本で紹介します。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る