「醸成する絵画 未来への予感」香川県立ミュージアム

「醸成する絵画 未来への予感」香川県立ミュージアム

名称:「醸成する絵画 未来への予感」香川県立ミュージアム
会期:2021年01月23日 (土) ~ 2021年03月21日 (日)
開館時間:9:00~17:00 *入館は閉館の30分前まで
開催場所:香川県立ミュージアム 常設展示室 4・5
料金:一般 410円/ 団体(20名以上)330円  
  ※高校生の方、65歳以上の方、身体障害者手帳等をお持ちの方は無料
住所:〒760-0030香川県高松市玉藻町5-5
TEL:087-822-0247
URL:香川県立ミュージアム
 1966年に開館した香川県文化会館は
当時の地方美術館として先進的な取り組みとして
現代美術を対象に世界の美術の現状を紹介する画期的な展覧会
「新しい世界の美術」を継続的に開催していました。
戦後から現在に至る美術動向を振り返ると
世界の舞台には将来に向かう日本美術が存在していました。
多様な文化を創出した戦後日本美術の動向と
それを支えた美術館活動の実態について
香川県文化会館が開館した1960年代からおよそ20年間を振り返って、
地方行政が果たした役割について紐解きます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る