文化交流展-特集展示「没後350年記念 明国からやってきた奇才仏師 范道生」九州国立博物館

文化交流展-特集展示「没後350年記念 明国からやってきた奇才仏師 范道生」九州国立博物館

名称:文化交流展-特集展示「没後350年記念 明国からやってきた奇才仏師 范道生」九州国立博物館
会期:令和3年7月17日(土)~10月10日(日)
休館日:月曜日
開館時間:9時30分〜17時00分(入館は16時30分まで)
住所:〒818-0118福岡県太宰府市石坂4-7-2
TEL:050-5542-8600(ハローダイヤル)
URL:九州国立博物館
 福建省から長崎に渡来し、唐寺で活動していた中国人仏師・范道生(1635〜1670)は、日本黄檗宗の開祖・隠元隆琦によって京都宇治の萬福寺へ招かれ、中国そのままの仏像を制作し、当時の京都仏師にも大きな影響を与えました。没後350年を記念し、范道生が日本に遺した代表的な仏像、仏画、墨蹟を展示し、奇才あふれる独特な作品世界と人物像を紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る