「ジャム・セッション 石橋財団コレクション×森村泰昌 M式「海の幸」─森村泰昌 ワタシガタリの神話」アーティゾン美術館

「ジャム・セッション 石橋財団コレクション×森村泰昌 M式「海の幸」─森村泰昌 ワタシガタリの神話」アーティゾン美術館

名称:「ジャム・セッション 石橋財団コレクション×森村泰昌 M式「海の幸」─森村泰昌 ワタシガタリの神話」アーティゾン美術館
会期:2021年10月2日(土)〜2022年1月10日(月・祝)
会場:アーティゾン美術館 6F展示室
住所:東京都中央区京橋1-7-2
時間:10:00〜18:00(金曜日は20:00まで・予定)
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(10月11日(月・祝)、1月10日(月・祝)は開館)、10月12日(火)、年末年始(12月27日(月)〜1月3日(月))
入館料:調整中
※日時指定予約制
※ウェブ予約チケットが完売していない場合のみ、美術館窓口でも当日チケットを販売
同時開催:クロード・モネ —風景への問いかけ オルセー美術館・オランジュリー美術館特別企画(5・4階 展示室)
住所:〒104-0031東京都中央区京橋1-7-2
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
URL:アーティゾン美術館
 「ジャム・セッション」は石橋財団コレクションと現代美術家の共演です。その第二回に、1985年、ゴッホの自画像に扮するセルフポートレイト写真を制作して以降、今日に至るまで、古今東西の絵画や写真に表された人物に変装し、独自の解釈を加えて再現する「自画像的作品」をテーマに制作し続ける森村泰昌を迎えます。森村は、青木繁《自画像》(1903年)、《海の幸》(1904年)にインスピレーションを得た作品を制作するなど、以前から当館の青木作品へ密かな想いを寄せていました。このたび、その森村が改めて《海の幸》と本格的に向き合い、当作品が制作された明治期以降の日本の文化、政治、思想などの変遷史を“森村式”、略して“M式「海の幸」”として形象化し、青木への熱い想いを新たなる作品シリーズへと昇華させます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る