「ボーダレスの証明 はたよしこという衝動」ボーダレス・アートミュージアムNO-MA

「ボーダレスの証明 はたよしこという衝動」ボーダレス・アートミュージアムNO-MA

名称:「ボーダレスの証明 はたよしこという衝動」ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
開催期間:2021年6月5日(土)〜8月29日(日)
開館時間:11:00~17:00
料金:一般300円(250円) 高大生250円(200円) 中学生以下無料
  ※障害のある方と付添者1名無料 ( )内は20名以上の団体料金
休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)
住所:〒523-0849滋賀県近江八幡市永原町上16
TEL:0748-36-5018
URL:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA 

絵本作家のはたよしこは、1991年、兵庫県西宮市のすずかけ作業所でボランティアとして絵画クラブを始めました。また、1995年頃からは、日本全国の障害のある作者のリサーチを開始し、多数の作品を発掘してきました。障害のある人の表現との出会いは、はたを駆り立てました。NO-MAの設立前から関わり、館の名称である「ボーダレス・アート」というコンセプトを見出すと、2004年の開館後はNO-MAのアートディレクターとして、20本を超える展覧会を企画しました。障害者、高齢者、現代アーティストなど、あらゆる表現者がボーダレスに集う、数々の刺激的な展覧会を生み出し、新たな芸術観を社会に提示してきたのです。

「人間のDNAには、表現したい衝動というものが列をなして並んでいる」私が頼っているのは、この直感の一つだ。
 はたよしこ『DNAパラダイス―27人のアウトサイダーアーティストたち』

はたは、2019年度をもってアートディレクターを引退しましたが、彼女の実践は思想とともに次世代に受け継がれています。本展では、「はたよしこ」という人物がフルスロットルで走り抜けたその軌跡を追い、彼女が思い描き、また行動に移した「ボーダレス」を体感いただきます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る