秋季特別企画展「文人の行き交う街-近江商人が紡いだネットワーク-」観峰館

秋季特別企画展「文人の行き交う街-近江商人が紡いだネットワーク-」観峰館

名称:秋季特別企画展「文人の行き交う街-近江商人が紡いだネットワーク-」観峰館
日時:2021年9月18日(土)~11月21日(日)
住所:〒529-1421滋賀県東近江市五個荘竜田町136
TEL:0748-48-4141
URL:観峰館

近江商人ゆかりの東近江・近江八幡地域は、江戸時代以降、多くの文人が訪れ、商人の旧家には、貴重な書画作品が伝来しています。特に江戸後期には、幕末の三筆の一人・貫名菘翁を中心に、巌谷一六、野口小蘋などの文人たちのネットワークが築かれていた痕跡をたどることができます。このネットワークの背景には、文人たちを支える近江商人たちの活動があり、同地域の文人たちが行き交う街は、彼らが紡いだものともいえます。他方、近江商人たちは、家業を通して故郷の寺院に様々な美術をもたらし、東近江地域には、京都などの近隣地域とは異なる文化が育ちました。

この展覧会は、全国的に希少な「書の文化にふれる博物館」である観峰館が、所在する東近江地域の近江商人の末裔たちが大切に守り伝えてきた書画を通して、彼らが紡いだ文人たちの交流と、同地域の「特殊性」を探るものです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る