企画展「版画にみる印象派とその時代」高崎市美術館

企画展「版画にみる印象派とその時代」高崎市美術館
オーギュスト・ルノワール《帽子のピン留め》1898年 リトグラフ・紙

名称:企画展「版画にみる印象派とその時代」高崎市美術館
日時:2021年11月13日(土曜)~12月26日(日曜)
休館日:11月15日・22日・24日・29日、12月6日・13日・20日
住所:〒370-0849群馬県高崎市八島町110-27
TEL:027-324-6125
URL:高崎市美術館

印象派を始めとする新しい美術が次々と生まれた19世紀ヨーロッパ。同時代に画家として活躍したマネ、ミレー、ルノワール、ロートレック、ゴーガンらは、日本の浮世絵からの影響も受けながら、数多くの版画作品を制作しています。本展では、彼らが手がけた銅版画や木版画、リトグラフなど約130点をとおして、19世紀の巨匠たちによる版画の革新的表現に迫ります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る