ドレスデン国立古典絵画館所蔵「フェルメールと17世紀オランダ絵画展」東京都美術館

ドレスデン国立古典絵画館所蔵「フェルメールと17世紀オランダ絵画展」東京都美術館

名称:ドレスデン国立古典絵画館所蔵「フェルメールと17世紀オランダ絵画展」東京都美術館
会期:2022年1月22日(土)〜4月3日(日)
開館時間:9:30~17:30
住所:〒110-0007東京都台東区上野公園8-36
TEL:03-3823-6921
URL:東京都美術館

ドレスデン国立古典絵画館所蔵「フェルメールと17世紀オランダ絵画展」東京都美術館
ドレスデン国立古典絵画館所蔵「フェルメールと17世紀オランダ絵画展」東京都美術館

17世紀のオランダ絵画の巨匠ヨハネス・フェルメールの《窓辺で手紙を読む女》。窓から差し込む光の表現、室内で手紙を読む女性像など、フェルメールが自身のスタイルを確立したといわれる初期の傑作です。
本作品は、1979年のⅩ線調査で壁面にキューピッドの描かれた画中画が塗り潰されていることが判明し、長年、その絵はフェルメール自身が消したと考えられてきました。しかし、2017年の調査により、フェルメール以外の人物により消されたことが新たに分かり、翌年から画中画の上塗り層を取り除く修復が開始されました。2019年5月には、キューピッドの画中画が部分的に現れた修復途中の作品が、記者発表にて公開されました。
本展では、この修復過程を紹介する資料とともに、大規模な修復プロジェクトによってキューピッドが完全に姿を現した《窓辺で手紙を読む女》の当初の姿を、所蔵館であるドレスデン国立古典絵画館のお披露目に次いで公開します。所蔵館以外では世界初公開となります。
また、ドレスデン国立古典絵画館が所蔵するレンブラント、メツー、ファン・ライスダールなど、17世紀オランダ絵画の黄金期を彩る珠玉の名品約70点もあわせてご紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る