秋季特別展「深まりゆく秋 -初秋・晩秋の取り合せ-」野村美術館

秋季特別展「深まりゆく秋 -初秋・晩秋の取り合せ-」野村美術館
織部耳付三足花入(前期展示)

名称:秋季特別展「深まりゆく秋 -初秋・晩秋の取り合せ-」野村美術館
会期:2021年9月11日(土)〜12月5日(日)
開館時間:10:00 ~ 16:30 (入館は16:00まで)
料金:大人800円・高大生300円・中学生以下無料
休館日:毎週月曜日。但し、9/20 (月・祝) は開館、9/21 (火) は休館。
住所:〒606-8434京都府京都市左京区南禅寺下河原町61
TEL:075-751-0374
URL:野村美術館

日本人は季節のうつろいに敏感であるといわれますが、茶の湯もまた殊の外季節感を重要視します。茶道具だけなく、茶料理や茶菓子にもその季節にふさわしい物を用い、意匠を凝らし、また茶席で身に付ける着物も季節に応じて替えていきます。
今回の展示ではそのような茶道具における季節感に焦点をあて、「深まりゆく秋」をテーマに、前期では残暑のなか涼をよぶ一陣の風にのって届く虫の声、長寿を願って菊の花をくるむ着せ綿の故事などに思いを馳せる初秋の取り合せ、後期では夜長の無聊を慰める月の満ち欠け、川面をはしる楓や山を錦に染める紅葉などを思い描く晩秋の取り合せを試みてみました。秋の茶の湯の雰囲気を存分にお楽しみください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る