博物館・美術館・世界遺産・考古用語・展覧会

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 1161|返信: 0

天津民俗博物館

[コピーリンク]
発表 2013-2-26 18:22:56 | 全階表示 |閲覧モード
PR

天津民俗博物館

天津民俗博物館
天津民俗博物館
天津市南関区天后宮内にあり、地方民俗を展示、研究する博物館である。天后宮は一般には皇后官と呼ばれ、元代の泰定3年(1326年)に築造され、敷地面積は5360平方メートル、メインの建築物は前殿、本殿、鳳尾殿、蔵経閣、財神殿、間帝殿と四つの配殿からなり、天津に現存する最も古い建築物群であり、中国に現存する最も早い時期の媽祖廟(中国沿海地区の住民が信奉する海の女神媽祖を祭った廟)でもある。
同博物館には天津の歴史、民俗の展観があり、天津市の形成と発展、天津の運輸歴史と天后(媽祖)の信仰と習俗、皇会、服飾、歳時季、婚姻、生活用品など二つの部分に分けられ、いずれも天津地区の民俗と関連のあるものであり、あわせて360余点の文物が展示されており、その中には、天津の静海県で出土した宋代の船の模型、天后官の金メッキの銅印、千秋帯など重要な文物もある。出所:中国の博物館案内

返信

道具使用 不適切

ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール

PR
PR

Archiver|携帯|abc0120.net

GMT+9, 2019-7-20 18:35 , Processed in 0.128794 second(s), 22 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ