博物館・美術館・世界遺産・考古用語・展覧会

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 1584|返信: 0

[ジンバブエ] ヴィクトリア滝

[コピーリンク]
発表 2013-3-7 18:51:05 | 全階表示 |閲覧モード
PR

ヴィクトリア滝

ヴィクトリア滝
ヴィクトリア滝(ザンビア・ジンバブエ世界遺産)とは
アンゴラ奥地に源を発し、モザンビーク海峡へと注ぐ、アフリカ第4の長さを有する大河ザンべジ川.その中流、ジンバブエとザンビアの国境にまたがる竜が、ヴィクトリアの竜だ。南米のイグアス滝、北米のナイアガラ滝と並んで「世界三大瀑布」の声が高い。滝の最大幅は1700m以上あり、最大落差1l0~150m。1855年、イギリス人探検家リヴィングストンによって発見され、西欧社会が知るところとなった。それまでは現地の人びとから「モシ・オア・トゥンヤ(雷鳴の轟く水煙)」と呼ばれていた。その名のとおり、水煙が天空高く150m以上も立ち上がり、遠くからでもその姿を認めることができる。滝の周辺は常に水煙が雨のように降ってくるため、湿潤を好む900種以上の植物が繁茂している。
アフリカ南部を代表する一大観光地だけあって、世界各国から訪れる観光客の数も多い。ジンバブエ、ザンビア側ともに周辺は国立公園、動物保護区に摘定されており、ゾウ、カバ、ワニ、ライオンなどの姿が見られる.出所:世界遺産の旅
返信

道具使用 不適切

ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール

PR
PR

Archiver|携帯|abc0120.net

GMT+9, 2017-4-27 06:26 , Processed in 0.101320 second(s), 23 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ