博物館・美術館・世界遺産・考古用語・展覧会

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 1520|返信: 0

[アメリカ] アラスカ・カナダ国境地帯山岳公園群(アメリカ合衆国...

[コピーリンク]
発表 2013-3-19 17:26:25 | 全階表示 |閲覧モード
PR

アラスカ・カナダ国境地帯山岳公園群

アラスカ・カナダ国境地帯山岳公園群

アラスカ・カナダ国境地帯山岳公園群(アメリカ合衆国・カナダ世界遺産)とは
アラスカ・カナダ国境地帯の4つの自然公園。クルエーン国立公園、タッチェンシニ・アルセク州立公園、ランゲル・セント・エライアス国立公園、グレーシャー・ベイ国立公園の総面積は約10万7000k㎡で、北海道と四国を足したよりも広いツンドラ山岳地帯である。公園群の特徴は、氷河とそれがつくり出す荒涼とした景観、そして絶滅危惧種がまとまって生息する豊かな動物相だろう。
太平洋からの湿った空気は、カナダ最高峰のローガン山(標高6050m)をはじめとする5000m級の山々にぶつかって大量の雪を降らせる。これが巨大な氷原、無数の氷河を生み出した。 クルエーン国と公園だけで、4000近くの氷河があるといわれる。氷河を水源とした川は滝や、激流となって太平洋へと流れる.このダイナミックな大地は、ハクトウワシ、グリズリー、 ドールシープをはじめ、 トナカイ、アカギツネ、ユキウサギなど多くの動物たちの楽園となっている。出所:世界遺産の旅
返信

道具使用 不適切

ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール

PR
PR

Archiver|携帯|abc0120.net

GMT+9, 2017-7-21 15:33 , Processed in 0.120702 second(s), 23 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ