博物館・美術館・世界遺産・考古用語・展覧会

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 818|返信: 3

[福島県] 郡山市開成館

[コピーリンク]
発表 2013-3-31 10:18:49 | 全階表示 |閲覧モード
PR

郡山市開成館

郡山市開成館
郡山市開成館
郡山市の近代史を語る上でもっとも重要な安積開拓と安積疎水の開さくに市民がふれられる場所として、昭和43年に開館いたしました。ここでは、安積開拓の中心的な役割を担った福島県開拓掛の事務所であった「開成館」や、そこで働く職員の住宅であった「安積開拓官舎」、安積の大地に夢を託した開拓者たちの代表的な住宅「安積開拓入植者住宅」を復元して、公開しております。
所在地:〒963-8851 郡山市開成三丁目3番7号
問い合わせ:024-923-2157 
館内案内:午前10時~午後5時まで(最終入館は午後4時30分)
休館日:休館日:毎週月曜日(月曜日が祝祭日の時は翌日)と年末
年始(12月28日~1月4日まで)
交通案内:バス:郡山駅西口バス乗り場から麓山経由大槻行きまたは休石行き 開成館下車徒歩3分
駐車場あり(普通乗用車12台、大型バス3台収容可能)                                
郡山市開成館では、郡山市の近代史を語る上で最も重要な安積開拓と安積疏水の開さくの歴史に触れることができます。
 館内には明治初期に建てられた4棟の建物があり、開拓や疏水の開さくに関わった人々の紹介や資料の展示を行っています。
 また、館内の庭園では、開拓のために全国から入植した9藩(現在の9自治体)と郡山市の「市の木」「町の木」等が配されており、四季折々の姿をお楽しみいただけます。

関連書き込み

返信

道具使用 不適切

【PR】
 スレ主| 発表 2013-3-31 10:20:04 | 全階表示
PR
開成館

開成館

開成館
◆福島県指定重要文化財
◆経済産業省認定近代化産業遺産

 明治7年に区会所(郡役所の前身)として建築され、安積開拓の核である「福島県開拓掛」の事務所が置かれた擬洋風建築(西洋風に似せた建物)です。
 明治9年、14年の明治天皇東北行幸の際には、行在所(あんざいしょ、天皇の宿泊所)や昼食会場として使用されました。
 現在は安積開拓や安積疏水の開さくに関する資料等を展示公開しています。

返信 支持 反对

道具使用 不適切

【PR】
 スレ主| 発表 2013-3-31 10:22:54 | 全階表示
PR
安積開拓官舎 -旧立岩一郎邸-

安積開拓官舎 -旧立岩一郎邸-

安積開拓官舎 -旧立岩一郎邸-
◆郡山市指定重要文化財
 開成館と同時期に建てられた建物で、「福島県開拓掛」職員用官舎3棟の内の1棟です。明治12年に郡山に赴任し、開拓出張所長となった立岩一郎が使用し、のちに払い下げを受けたものです。
 安積疏水の通水式に訪れた明治政府高官の伊藤博文や松方正義が宿泊したと伝えられています。
安積開拓入植者住宅 -旧小山家-

安積開拓入植者住宅 -旧小山家-

安積開拓入植者住宅 -旧小山家-
◆郡山市指定重要文化財

 明治15年に松山から牛庭原(現在の安積町牛庭地区)に移住した「愛媛松山開墾」15戸の中の1戸で、当時の開拓者の代表的な住宅の形を今に残すものです。
 当初は室崎久遠(むろさきくおん)が明治政府から建築費の補助を受けて建てましたが、のちに小山宇太郎(おやまうたろう)の住居となりました。
 不毛の大地に挑んだ開拓者たちの厳しい生活の様子を、現在に伝えています。
安積開拓入植者住宅 -旧坪内家-

安積開拓入植者住宅 -旧坪内家-

安積開拓入植者住宅 -旧坪内家-


 明治14年に鳥取から広谷原(こうやはら、現在の喜久田町周辺)に移住した「鳥取開墾社」の副頭取・坪内元興(つぼうちもとおき)の住宅で、明治政府が入植者の住宅に対し、補助金を交付して建築させた5つのランクの規格住宅の中で最上級(一号家)の建物です。
 坪内家には、明治政府の黒田清隆、三島通庸などの高官が安積開拓の視察をした際に休憩したことが、当時の文書に記されています。

返信 支持 反对

道具使用 不適切

【PR】
 スレ主| 発表 2013-3-31 10:23:56 | 全階表示
年間の主な行事
5月5日郡山市主催のこどもまつりの一環として無料開放。
8月21日前後県民の日(8月21日)を記念し、無料開放。同時に旧立岩邸では記念茶会を開催。
企画展毎年1回の割合で1カ月ほど開催。期間中、関連イベントも開催。
案内ボランティア
案内ボランティアによる館内ガイドがあります(無料ですが予約が必要です)。
ご希望の方は、下記連絡先まで(遅くとも来館予定日の2週間前まで)お問い合わせのうえ、ご予約ください。
利用時間
【開館時間】
 午前10時より午後5時まで(ただし午後4時30分までに入館)

【休館日】
 毎週月曜日・年末年始(12月28日~1月4日まで)
 ※月曜日が祝日のときは翌日以降の平日
観覧料
個人団体(20人以上1人につき)
一般
200円
150円
高校生・大学生等
100円
70円
中学生以下
65歳以上及び身体障がい者手帳等の交付を受けている方
無料
アクセス
【バス利用の場合】
 郡山駅西口バス乗り場から麓山経由(大槻行・休石行)乗車、『開成館』下車、徒歩3分

【車利用の場合】
 東北自動車道郡山インターから約20分、郡山南インターから約30分
 ※駐車場有り(普通車で12台、大型バスで2台収容可)

返信 支持 反对

道具使用 不適切

ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール

PR
PR

Archiver|携帯|abc0120.net

GMT+9, 2019-7-23 05:37 , Processed in 0.119145 second(s), 20 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ