博物館・美術館・世界遺産・考古用語・展覧会

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 1991|返信: 3

ソフィア王妃美術館

[コピーリンク]
発表 2013-10-1 16:38:12 | 全階表示 |閲覧モード
PR
ソフィア王妃美術館
現代美術の巨匠たちの作品を一堂に会した美術館
ソフィア王妃美術館は現代美術の新たな潮流を集め、今日のスペイン美術の主軸を成す作品を展示する役割を果たしています。
もは古い病院だった建物ですが、著名なフランス人建築家ジャン・ヌーヴェルの手による拡張工事によって美術館施設とサービスが更に強化され、展示回数を増やすほか、図書館とホールを増設し一層充実した活動が期待されます。

ソフィア王妃美術館

ソフィア王妃美術館
  
現在ソフィア王妃美術館(MNCARS)本部が置かれている建物は、18世紀に建築家フランシスコ・サバティーニとフアン・デ・エルモシージャがマドリード総合病院として設計したものです。
これは国王カルロス3世が推進した首都都市計画の一環を成すもので、今日プラド美術館ティッセン・ボルネミッサ美術館がそれぞれ入っている2つの建物も、同じ都市計画の一部でした。
この建物は改修を繰り返し、また何度も取壊しの噂が上っていましたが、1977年に歴史美術遺産の指定を受け、80年にアントニオ・フェルナンデス・アルバによる修復工事が開始、88年に行われたホセ・ルイス ・イニゲス・デ・オンソーニョとアントニオ・バスケス・デ・カストロによる最後の工事では、イギリス人建築家イアン・リッチーの協力を得て、建物外部にガラスとスチールでできたエレベーター用の塔3本がとりつけられました。
パノラマを楽しめるこのエレベーターは、訪れる人の目を引くソフィア王妃美術館のシンボルとなっています。
このスペースは1986年からソフィア王妃美術館として特別展等の活動を開始、88年にはマドリード市の大学都市地区にあったスペイン現代美術館を継承する国立美術館になっています。
そして92年9月、スペイン国王フアン・カルロス1世とソフィア王妃による常設展示オープニングをもって、今日のような形の美術館が完成しました。
返信

道具使用 不適切

【PR】
 スレ主| 発表 2013-10-1 16:39:36 | 全階表示
PR
所蔵作品
ソフィア王妃美術館の建物は4階建てで、2階と4階が常設展、1階と3階が特別展にあてられています。
2階にある17の展示室では20世紀前衛美術を展示、スペイン美術の発展を示す上で特筆に価するエピソードや潮流、及び20世紀の到来と新たな芸術運動の登場に特徴づけられる国際的潮流を取上げています。ホセ・グティエレス・ソラーナの「カフェ・ポンボのテルトゥリア」、フアン・グリスの「ジョゼットの肖像」、ジュアン・ミロの「カタツムリ、女、花、星」、サルバドル・ダリの「大自慰者」、パブロ・ガルガジョの彫刻「大いなる預言者」といった作品が、他のキュービズム・シュールレアリズム・抽象・具象作品の間に展示されています。
収蔵作品は絵画、デッサン、版画にとどまらず、写真や彫刻作品も多数展示されています。
4階の常設コレクションは彫刻と現代の作品の良い例です。40年代末から21世紀初頭までの芸術家・芸術運動を取り扱った展示の中では、アントニオ・タピエスの「グレーの材質の重ね置き」、ホルヘ・オテイサの「形而上学的な箱」、アントニオ・サウラの「群衆」、エドゥアルド・チジーダの「風の櫛I」、ジャン・デュビュッフェの 「土色の地面」、イーヴ・クラインの「無題の人体測定」といった作品を見ることができます。また80年代以降の潮流を幅広く取上げているのも見逃せません。  
象徴的な絵画

象徴的な絵画

象徴的な絵画
1992年、マドリード市内のカソン・デル・ブエン・レティーロから「ゲルニカ」が移されたことは、ソフィア王妃美術館が世界中の現代美術館の間で最も重要なものの仲間入りする一歩を意味しました。
マラガ出身の画家パブロ・ルイス・ピカソが1937年に描いたこの作品は当時スペインの内戦を題材としたもので、その意味するところと表現性のゆえに、20世紀芸術の頂点を飾る作品の1つとされています。
ピカソに作品を依頼したスペイン共和国政府は、1937年に開催されたパリ万博のスペイン館でこの作品を展示することを希望していました。ピカソはドイツのコンドル部隊によるゲルニカ爆撃にインスピレーションを得、また戦争をテーマとしながらも、武器や兵隊、戦闘機等を用いずに戦争の恐怖を描き出しました。
作品の中心は雄牛と馬ですが、これはピカソが、闘牛で馬に乗ったピカドールが牛を槍で突く一幕で見られる、雄牛と馬の闘いに魅力を感じていたことと関係します。イベリアを代表するこれら2頭の動物の闘いの中、平和の象徴である一羽の鳩が登場します。一方、戦争の惨たらしさは、涙の形をした女達の目の表情を通じて表現されています。

返信 支持 反对

道具使用 不適切

【PR】
 スレ主| 発表 2013-10-1 16:40:57 | 全階表示
PR
スペイン美術への刺激
当美術館は現代美術のコレクションを展示するという目的を果たしています。
ソフィア王妃美術館の主軸はスペイン美術作品であり、そのためフアン・グリス、ピカソ、ミロ、ダリ、タピエス、チジーダといった芸術家が優先的に扱われています。しかしそれだけでなく、20世紀の特定の時期を代表するような作品の回復にも努めており、アルベルト・サンチェス、ポンセ・デ・レオン、ルイス・フェルナンデスといった他の芸術家の存在も忘れていません。
その他、美術館では所蔵作品の拡充に努める一方、訪れる人々が近代美術や現代美術に親しみ、知識を増やせるような活動にも力を入れています。そこでは新しい時代を考慮しつつ、ビデオ、映画、写真といったメディアが重要な役割を果たしています。
新しい施設
ソフィア王妃美術館(

ソフィア王妃美術館

ソフィア王妃美術館
MNCARS)の将来の活動・展示の方向を定めるのは、ジャン・ヌーヴェルによる拡大プロジェクトです。
このフランス人建築家の設計による新館は、サバティーニが建てた5万1717平米に新たに2万6892平米を加えるもので、あわせて7万8000平米を越えるスペースが出来上がります。新館は現在の美術館に隣接する、古い別棟のいくつかがあった三角形の土地に建てられます。
新館は3つの建物から構成され、既存の美術館の重要性を損なうことなく、その施設・サービスを更に強化することが期待されます。格子天井に覆われた中庭を囲むように建つ3つの建物は、それぞれ特別展示館、図書館、ホールという独立した機能を有し、一方中庭は現美術館南西ファサードに隣接する広場を形成します。
返信 支持 反对

道具使用 不適切

【PR】
 スレ主| 発表 2013-10-1 16:42:10 | 全階表示
Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofía
住所: Santa Isabel, 52  
TEL  :(+34) 91 774 10 00
オフィシャルサイト:www.museoreinasofia.es/

地下鉄:Atocha(1号線)
市内バス:6, 8, 10, 14, 19, 24, 26, 27, 32, 34,
                    36, 37, 41, 45, 47, 54, 55, 57, 59, 60,
                    78, 85, 86, 102, 116, 118, 119, 141,
                    148, 247, E3, C1, C2番
近郊電車:Atocha
開場時間:月~土曜日10:00~21:00h
                    日曜日10:00~19:00h
閉館日:毎週火曜日
                 1/1, 1/6, 5/1, 11/9, 12/24, 25, 31
入館料金:一般 6,00€
                    臨時展 3,00€
無料開館日:土曜日14:30~21:00h、
                        日曜日10:00~19:00h、
                        月・水~金曜日19:00~21:00h、
                        4/18, 5/18, 10/12, 12/6
返信 支持 反对

道具使用 不適切

ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール

PR
PR

Archiver|携帯|abc0120.net

GMT+9, 2017-7-24 05:27 , Processed in 0.104511 second(s), 22 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ