博物館・美術館・世界遺産・考古用語・展覧会

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 1261|返信: 0

[書画] 萬年龢合図 扇面-銭慧安-観峰館

[コピーリンク]
発表 2016-1-13 09:35:39 | 全階表示 |閲覧モード
PR

萬年龢合図 扇面-銭慧安-観峰館

萬年龢合図 扇面-銭慧安-観峰館

萬年龢合図 扇面
作者:銭慧安

寸法:18.0㎝×49.2㎝
制作年:光緒6年(1880)48歳
    萬年龢合 百福輧臻 庚辰天貺節前日 師華秋岳筆 耀瞻大人雅属 清谿樵子 銭慧安
「和合」とは、「和合二聖」、すなわち唐代の僧寒山、拾得のこと。夫婦が仲睦まじくあるようにと願うもので、民間で好まれる画題である。後方の合仙が持つ 盒から多数の蝙蝠が飛び立っていく。蝙蝠は富貴の象徴とされた。また、前方右の人物は劉海蟾で、その足元には、万年青〔おもと〕が描かれる。万年青は皆万 年に通じ、商人が喜ばれた画題である。天貺節〔てんきょうせつ〕、六月六日の天書再降日の前日に描かれた作品。
返信

道具使用 不適切

ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール

PR
PR

Archiver|携帯|abc0120.net

GMT+9, 2019-8-22 02:07 , Processed in 0.107437 second(s), 23 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ