博物館・美術館・世界遺産・考古用語・展覧会

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 168|返信: 0

アール・ヌーヴォーの装飾磁器-三井記念美術館

[コピーリンク]
発表 2016-7-6 16:08:19 | 全階表示 |閲覧モード
PR
アール・ヌーヴォーの装飾磁器
会場:三井記念美術館
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号 三井本館7階
電話:03-5777-8600 (ハローダイヤル)
会期:2016年7月6日(水)~2016年8月31日(水)

アール・ヌーヴォーの装飾磁器-三井記念美術館

アール・ヌーヴォーの装飾磁器-三井記念美術館

アール・ヌーヴォーは、欧米で19世紀末から20世紀初頭にかけて全盛を極めた工芸や建築、グラフィック・アートなどの多岐にわたる装飾様式で、流れるような曲線によって構成されていることを特徴とします。こうした流行は、同時代における陶磁器のデザインにも顕著に現れることとなり、美しく優雅な作品や東洋陶磁に倣った作品が次々と誕生していきます。これは、透明釉の下に多色の模様を施すような釉下彩をはじめとする新しい技術や技法の開発があって、初めて可能になったものといえます。
本展覧会では、アール・ヌーヴォー様式によるヨーロッパ名窯の作品の数々を、国内において総合的に紹介する初の展覧会です。1889年と1900年のパリ万国博覧会を軸に、釉下彩を伴ったセーヴルやロイヤル・コペンハーゲン、マイセンなどの作品を中心としながら、上絵付や結晶釉などの加飾による作品をまじえ幅広く展示します。さらに、日本との結びつきを示す作品、および関連するリトグラフや素描、書籍を併せた約200点によって多彩な様相を紹介していきます。
料金:一般 1,300(1,100)円/大学・高校生 800(700)円/中学生以下無料
※()内は20名以上の団体料金
※70歳以上の方(要証明)は1,000円
休館日:月曜日、7月19日(火)。但し、7月18日(月・祝)、8月15日(月)は開館。
返信

道具使用 不適切

ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール

PR
PR

Archiver|携帯|abc0120.net

GMT+9, 2017-1-23 07:15 , Processed in 0.105410 second(s), 23 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ