博物館・美術館・世界遺産・考古用語・展覧会

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 335|返信: 0

秋の縄文野焼き作品展-大地と炎の恵み-猪風来美術館

[コピーリンク]
発表 2016-11-19 13:29:04 | 全階表示 |閲覧モード
PR
秋の縄文野焼き作品展「大地と炎の恵み」
躍動する命の文様
会場:猪風来美術館(新見市法曽陶芸館)
〒719-2552 岡山県新見市法曽609
電話:0867-75-2444
会期:2016年12月1日(木)~2017年2月26日(日)

秋の縄文野焼き作品展-大地と炎の恵み-猪風来美術館

秋の縄文野焼き作品展-大地と炎の恵み-猪風来美術館

「縄文野焼き」は 大宇宙・大自然の野炉で、天と大地、太陽と風と火の力で作品を焼き上げる壮大かつ根源的なもの。そしてその造形にはすべての生命を守り育み、命あふれる豊穣への祈りが込められた魂の器や土偶です。猪風来美術館「秋の縄文野焼き祭り」ではこうした縄文スピリットに学んだ陶芸教室生たちの作品など約150点以上を、皆で汗と炎にまみれながら感動のうちに見事に焼き上げました。その中から縄文野焼き大賞など4賞受賞作品をはじめ約100点を展示いたします。腹部の膨らんだ柔らかな曲線とふくよかな頬の土偶鈴。腹部に小さな土の玉が入れられていて振るたびに可愛い命の音が鳴ります。創作土器は、ある時は植物の繁り伸びゆくように、また動物のパワフルな意匠に満ちて、また自然の波動が形になり、器体の上で命の文様が躍動します。猪風来の水煙渦巻文深鉢模写(縄文中期・井戸尻考古館所蔵)など3点と村上原野の新作も展示。どうぞご高覧下さい。
料金:一般400円 高校生200円 中学生以下無料
(団体15人以上は各50円引き)
休館日:月・火曜日 年末年始(12/27~1/4)
返信

道具使用 不適切

ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール

PR
PR

Archiver|携帯|abc0120.net

GMT+9, 2017-8-22 08:53 , Processed in 0.106912 second(s), 24 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ