博物館・美術館・世界遺産・考古用語・展覧会

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 206|返信: 1

黄金のファラオと大ピラミッド展-静岡県立美術館

[コピーリンク]
発表 2017-4-13 09:59:00 | 全階表示 |閲覧モード
PR
国立カイロ博物館所蔵 黄金のファラオと大ピラミッド展
会場:静岡県立美術館
〒422-8002静岡県静岡市駿河区谷田53-2
TEL:054-263-5755
会期:2017年04月09日~2017年06月25日

黄金のファラオと大ピラミッド展-静岡県立美術館

黄金のファラオと大ピラミッド展-静岡県立美術館

今からおよそ4500年前、古代エジプトの古王国時代(紀元前2586〜2185年)に、クフ王、カフラー王、メンカウラー王の3代のファラオたちによって巨大なピラミッド群が建造されました。宇宙からも見えるというこのピラミッドは、古代ギリシア時代から伝わる「世界の七不思議」の中で、今でも残っている唯一のものです。ピラミッドは、いつ、何のために、どうやって建てられたのか、謎はつきません。 本展覧会では、世界一のエジプト・コレクションを誇るエジプトの国立カイロ博物館から、こうした王とピラミッドの謎に関する貴重な至宝の数々をご覧いただきます。3大黄金マスクの一つと称される「アメンエムオペト王の黄金のマスク」や美しく壮麗な「彩色木棺」など、監修者の吉村作治氏が選び抜いた100点あまりの至宝の数々です。古王国時代を中心に、ファラオや王家の女性、貴族、ピラミッド建設を支えた人々などを紹介し、ピラミッドとそれを建てた偉大なファラオたちの壮大なドラマに迫ります。 また、ツタンカーメンの黄金のマスクやギザのピラミッド、ルクソール神殿などを撮影した高精細4Kシアターもお見逃しなく。古代エジプト文明3000年の旅をお楽しみください。
休館日:月曜日
※ただし、2017年4月10日(月)、5月1日(月)は開館
返信

道具使用 不適切

【PR】
 スレ主| 発表 2017-4-13 10:00:57 | 全階表示
PR

ロイとマヤのピラミディオン国立カイロ博物館所蔵

ロイとマヤのピラミディオン国立カイロ博物館所蔵

ロイとマヤのピラミディオン国立カイロ博物館所蔵

クフ王とペピ1世像を伴うライオン女神像国立カイロ博物館所蔵

クフ王とペピ1世像を伴うライオン女神像国立カイロ博物館所蔵

クフ王とペピ1世像を伴うライオン女神像国立カイロ博物館所蔵

クヌムト王女の襟飾り国立カイロ博物館所蔵

クヌムト王女の襟飾り国立カイロ博物館所蔵

クヌムト王女の襟飾り国立カイロ博物館所蔵

アメンエムオペト王の黄金のマスク国立カイロ博物館所蔵

アメンエムオペト王の黄金のマスク国立カイロ博物館所蔵

アメンエムオペト王の黄金のマスク国立カイロ博物館所蔵
返信 支持 反对

道具使用 不適切

【PR】
ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール

PR
PR

Archiver|携帯|abc0120.net

GMT+9, 2017-10-24 20:28 , Processed in 0.148177 second(s), 22 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ