博物館・美術館・世界遺産・考古用語・展覧会

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 186|返信: 0

円山応挙-八代市立博物館未来の森ミュージアム

[コピーリンク]
発表 2017-4-13 13:56:51 | 全階表示 |閲覧モード
PR
円山応挙
京都相国寺と金閣・銀閣の名宝展ふたたび
会場:
八代市立博物館 未来の森ミュージアム
〒866-0863 熊本県八代市西松江城町12-35
電話:0965-34-5555
会期:2017年4月21日(金)~2017年6月4日(日)

円山応挙-八代市立博物館未来の森ミュージアム

円山応挙-八代市立博物館未来の森ミュージアム

日本屈指の絵師、円山応挙(1733~1795年)のコレクション展を開催します。江戸時代中期(18世紀)に京都で活躍した円山応挙は、自然や事物の美しさをありのままに描く「写生」を追求し、従来の日本の絵画観に画期的な変革をもたらした近世絵画の巨匠として知られます。今回は、相国寺、鹿苑寺(金閣)、慈照寺(銀閣)が所蔵する名宝の中から、代表作「牡丹孔雀図」(国指定重要文化財)や「七難七福図巻」(国指定重要文化財)、大作「大瀑布図」に加え、子の円山応瑞や門下の呉春、長沢芦雪の作品も含めた全26点を一挙公開。これら選りすぐりの作品により、円山応挙が求めた美の世界をご堪能ください。
料金:
一般600円(480円)
高大生400円(320円)
中学生以下無料
※( )は20名以上の団体料金
休館日:月曜日
返信

道具使用 不適切

ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール

PR
PR

Archiver|携帯|abc0120.net

GMT+9, 2017-10-19 05:29 , Processed in 0.105766 second(s), 23 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ