博物館・美術館・世界遺産・考古用語・展覧会

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 87|返信: 0

東照宮の文化財Ⅱ-和歌山県立博物館

[コピーリンク]
発表 2017-4-13 14:02:48 | 全階表示 |閲覧モード
PR
東照宮の文化財Ⅱ
―没後400年 家康の遺宝―
会場:和歌山県立博物館
〒640-8137 和歌山県和歌山市吹上1-4-14
電話:073-436-8670
会期:2017年4月22日(土)~2017年6月4日(日)

東照宮の文化財Ⅱ-和歌山県立博物館

東照宮の文化財Ⅱ-和歌山県立博物館

 戦国の乱世を勝ち抜き、江戸幕府を開いた徳川家康(1543~1616)が75歳で亡くなってから、
400年が経過しました。元和7年(1621)に、家康の子で紀伊徳川家初代藩主・頼宣(よりのぶ、1602~71)が、和歌山市の南・和歌浦に建立した紀州東照宮は、家康を祭神・東照大権現としてまつっていますが、全国各地に分布する東照宮の中でも、御三家の東照宮として別格の存在でした。このような由緒を有するため、紀州東照宮には家康にゆかりの品々が、頼宣をはじめとする人びとによって数多く奉納されています。
 このたびの特別展では、紀州東照宮の数多くの文化財の中から、家康ゆかりの資料を選んで展示いたします。
 家康の生涯とその人物像を、展示した資料から感じ取っていただければ幸いです。
料金:510円(410円)、大学生:300円(250円) ( )内は20人以上の団体料金
高校生以下・65歳以上・障害者・県内在学中の外国人留学生は入館無料
休館日:月曜日
返信

道具使用 不適切

ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール

PR
PR

Archiver|携帯|abc0120.net

GMT+9, 2017-6-23 01:22 , Processed in 0.115720 second(s), 23 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ