博物館・美術館・世界遺産・考古用語・展覧会

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 292|返信: 0

静かに狂う眼差し-現代美術 覚書-林道郎-DIC川村記念美術館

[コピーリンク]
発表 2017-5-4 12:20:00 | 全階表示 |閲覧モード
PR
DIC川村記念美術館×林道郎
静かに狂う眼差し―現代美術 覚書
会場:DIC川村記念美術館
〒285-8505千葉県佐倉市坂戸631
TEL:0120-498-130
会期:2017年7月8日(土)2017年8月27日(日)

静かに狂う眼差し-現代美術 覚書-林道郎-DIC川村記念美術館

静かに狂う眼差し-現代美術 覚書-林道郎-DIC川村記念美術館

DIC川村記念美術館の収蔵作品を新たな視点でご紹介する「コレクションViewpoint」。今回は、コレクションの中心をなす現代絵画約90点を、美術史・美術批評の分野で活躍する林道郎の手引きでお楽しみいただきます。
ポロックやラインハート、ルイスやステラなどの、絵画の本質を追求するモダニズムにより導きだされた作品群は、戦後アメリカ美術におけるひとつの到達点とみなされてきました。そのため、飽和状態に達した絵画は完結したメディアとして急落し、60年代には芸術の様式は立体作品など「絵画」ではないものへと多様化していきました。しかし、「絵画」は決して消滅することはなく、現在ではかつてないほどの勢いで私達の前に現れ出ています。このような「死なない絵画」について林道郎は思索を繰り返し、独自の言葉を構築してきました。本展では、絵画がもつ「人間の感覚や想像力や思考のモデルとしての可能性」について、4つのキーワードを基軸に探ります。
林道郎の眼と思考によって、絵画に託された問題が広く深い射程をもつことを知るきっかけになれば幸いです。
休館日:月曜(ただし7/17は開館)、7/18
返信

道具使用 不適切

ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール

PR
PR

Archiver|携帯|abc0120.net

GMT+9, 2017-12-14 05:56 , Processed in 0.308347 second(s), 23 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ