博物館・美術館・世界遺産・考古用語・展覧会

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 149|返信: 0

クレオール・ニッポンの旅-世田谷文化生活情報センター

[コピーリンク]
発表 2017-5-14 11:45:32 | 全階表示 |閲覧モード
PR
クレオール・ニッポンの旅
無名詩人の民謡から、ニッポンを聴く
会場:くりっく 世田谷文化生活情報センター 生活工房
〒154-0004 東京都世田谷区太子堂4-1-1キャロットタワー
電話:03-5432-1543
会期:2017年6月17日(土)~2017年7月23日(日)

クレオール・ニッポンの旅-世田谷文化生活情報センター

クレオール・ニッポンの旅-世田谷文化生活情報センター

「クレオール」という言葉をご存じでしょうか。もともとは、アメリカ大陸や西インド諸島、アフリカの旧植民地で生まれた人々、そこで混じり合った文化、言語のことを指します。島国である日本もまた、遥か昔から多種多様なルーツを持つ人々が行き交い、混ざり合ってきたことを考えると、この言葉とも無縁ではありません。
“うたう旅人” として活動する松田美緒さんは、このような日本の多様性/地域性を示すキーワードとして「クレオール」という言葉を用い、CDブック『クレオール・ニッポン』を発表しました。
ハワイやブラジルへ渡った日本人、長崎県伊王島に暮らしたキリシタン、徳島県祖谷(いや)の木びきさん。労働や祈りの中で歌われてきた暮らしの記憶の数々を、松田さんは自身の歌声を通して鮮やかに再生します。画一的な日本のイメージとは異なる、歌が映し出す多様な風景は、まさに「クレオール」と言えるでしょう。
本展では、歴史を伝える映像やレコード、そして旅路の記録とともに、松田さんが出会った日本の歌をお聴きいただけます。市井の人々が歌い継いできた音楽を通して、私たちの暮らしに耳を傾ける展覧会です。
料金:無料
返信

道具使用 不適切

ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール

PR
PR

Archiver|携帯|abc0120.net

GMT+9, 2017-8-17 22:27 , Processed in 0.096511 second(s), 24 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ