博物館・美術館・世界遺産・考古用語・展覧会

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 182|返信: 0

漆の画家 太齋春夫展-練馬区立美術館

[コピーリンク]
発表 2017-5-24 16:24:34 | 全階表示 |閲覧モード
PR
生誕110年記念 漆の画家 太齋春夫展
会場:
練馬区立美術館
〒176-0021 東京都練馬区貫井1-36-16
電話:03-3577-1821
会期:2017年6月9日(金)~2017年7月14日(金)

漆の画家 太齋春夫展-練馬区立美術館

漆の画家 太齋春夫展-練馬区立美術館

太齋春夫(だざいはるお/1907-1944)は、仙台市長町に生まれ、1932年(昭和7)、東京美術学校図画師範科を卒業しました。在学中より二科展に出品するなど油彩にその才を発揮していましたが、漆芸家六角紫水らのすすめにより、卒業後から漆の研究をはじめ、1933年(昭和8)、台湾総督府殖産局嘱託となり、ここで漆の研究に没頭します。翌年には、漆でフィルムをつくる漆膜の技法を開発し、特許を取得。工芸品の製作のみならず、漆を絵画の領域にも活用し、多彩な制作を行いました。1939年(昭和14)には、ニューヨーク万国博覧会にこれまで培った技法を活かし漆器の衝立を出品して賞賛を博します。漆の可能性を模索し、将来を嘱望された太齋でしたが、1943年(昭和18)に応召を受け、翌年、中国の湖南省平江県において帰らぬ人となります。
工芸と美術の間をぬって活躍した太齋の活動は、昭和の美術の動向に新たな光を投げかけるものです。しかし、若くして亡くなったということもあり、残念ながらこれまでほとんど一般に知られておりません。練馬区立美術館では、2015年度にご遺族より太齋の作品・資料をあわせて100件以上のご寄贈を受けました。本展ではこれらの作品・資料を中心に、漆の画家太齋春夫の軌跡を追いかけます。
漆膜や漆塗アルマイトモザイクなど、太齋が開発に携わった様々な技法は、その後、ほとんど継承されておりません。今や失われて久しい特異な昭和漆芸の世界を、あらためてお目にかけます。
料金
一般300円、高校・大学生および65~74歳200円、
中学生以下および75歳以上無料、
障害者(一般)150円、障害者(高校・大学生)100円、
団体(一般)200円、団体(高校・大学生)100円
ぐるっとパスご利用の方無料(年齢等による割引の適用外になります)
休館日:月曜日
返信

道具使用 不適切

ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール

PR
PR

Archiver|携帯|abc0120.net

GMT+9, 2017-8-17 22:24 , Processed in 0.106440 second(s), 24 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ