博物館・美術館・世界遺産・考古用語・展覧会

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 1721|返信: 0

中国先史農耕・経済の発展と文明の起源について

[コピーリンク]
発表 2013-1-15 20:19:45 | 全階表示 |閲覧モード
PR
中国先史農耕・経済の発展と文明の起源について
-黄河・長江中下流域を中心として-

張  弛 (北京大学考古系)
The Progress of Agriculture and Economy &
the Origin of Civilization in China: in Huang-He and Jiang-He
Chi ZHANG
Dept. of Archaeology, Univ. of Beijing, CHINAAbstract
   The role of prehistoric economics in Chinese civilization is extremely significant. Analysis of the economic development of prehistoric agriculture and handicrafts, particularly of the regional variations, makes it obvious there were already clearly apparent cultural differences between the north and the south in China's Paleolithic age. The individual cultural lineages of the northern and southern regions were formed in the early Neolithic age. The different agricultural systems that appeared in the north and south in the mid-Neolithic age can be considered to have developed from the individual northern and southern cultures of the early Neolithic age. At that time the areas along the middle and lower reaches of the Huang-He and the Yangtze River began to be the central areas from which ancient Chinese culture developed. The main economic areas of China's late Neolithic age were the Lianghu region, the Sanxia reaches of Yangtze River region, the middle reaches of the Han River, the Suwan region, the Ganpo region, and the delta region. Each region had its own special attributes. The core economic areas were formed during the latter stages of the Neolithic age. In the middle and lower reaches of the Yangtze, the Lianghu and the delta region were the core areas. In the middle and lower reaches of the Huang-He the main areas were southern Shanxi and Haidai. Why did the economic centers form in these areas? At that time, regional social conflict was fierce. Furthermore, the primary factor can be found in that the core groups had exclusive possession of resources. Also, these areas marked the formation of civilization after the late Neolithic age. However, the core economic areas of the middle and lower reaches of the Huang-He after the late Neolithic age strengthened into two areas, the central plain and the Haidai region. The prosperity and growth of the central economic area can be considered the civilization from which the Xia, Shang and Zhou Dynasty originated. 
中国古代文化の発展の中心地はずっと黄河・長江の中下流域にあったわけではない。旧石器時代には北方と南方の文化の違いがすでにはっきりと現れている。
 新石器時代になると、南方地域と北方地域に異なる文化が形成された。南方地域には、南嶺両側の山側地帯に洞窟文化が存在した。これまでに数10ヶ所の遺跡が発見され、その大部分は洞窟遺跡で、わずかに平地遺跡が存在する。この文化の特徴は礫石器にある。単面●斫器、穿孔礫石、磨刃切割器などがあり、錐、針、鏃、刀、魚●などの骨・角・蚌器もある。万年仙人洞,道県玉蟾岩、桂林廟岩、柳州大龍潭などの遺跡では、挟粗粒石英の円底罐がある。仙人洞遺跡と玉蟾岩遺跡では、採集・漁撈の比率が高い稲作農耕の証拠が確認されている。狩猟の対象は、シカ・イノシシ類で、そのほかに魚・スッポン・トリなどをとっている。
 それに対して北方地域の華北平原および周辺地域には細石器文化が存在した。遺跡は、河北・河南・陜西・山西と山東などに分布し、山東中部地域だけで100ヶ所以上発見されている。主要な石器は錐形、楔形、船底形細石核および細長細石葉で、ほかに刮削器、尖状器、彫刻器などの小石器と、●状器をともなう。時期が新しくなると、陽原于家溝遺跡中・上層、北京転年遺跡と徐水南荘頭遺跡で、罐類などの土器、石皿、石棒などの石器と、骨錐、装飾品などの骨蚌器が見つかっている。狩猟動物相は、于家溝遺跡がレイヨウを中心に野馬、野牛、野ロバ、シカなどの大形動物である。南荘頭遺跡ではシカ、イノシシ類が主である。新石器時代早期の遺跡は面積があまり広くないので、集落の規模は大きくなかったと考えられるが、新石器時代経済の多様性はすでに出そろっていたと考えられる。
 これまで北方地域の新石器時代早期には、農耕の証拠が知られていなかった。しかし、中期になると、南・北地域にそれぞれ異なる形態をもつ農耕が、新石器時代早期の南方と北方の文化を基盤に発展してきたと考えられる。中期には北方の黄河中・下流域に裴李崗文化、老官台文化、後李文化に属する多くの遺跡から、アワ、キビなどの畑作物が見つかっている。磁山遺跡ではアワが一杯に詰まったピットが80基見つかった。アワの総量を換算すると5万kgに達する。ブタ、イヌ、ニワトリなどの家畜を飼養する。
 長江中流域にある彭頭山遺跡では、稲作農耕の証拠が数多く発見されていて、水田農耕の体系が完成していたことがわかっている。ブタ、ウシ、ニワトリなどの家畜をもつ。打製石斧をもち骨・角器、竹・木器などが発達している。この時期には面積が1万k㎡をこえる大形の集落が形成される。環壕をもつ集落もある。たとえば、敖漢旗興隆窪遺跡では幅2mの環壕があり環壕内の面積は2万k㎡、住居跡は列状に並んでいた。湖南●県八十●遺跡の環壕内の面積は3万k㎡近くあり、内部には居住区、倉庫区、墓地、ゴミ捨て場などが確認されている。この時期に、住居や墓地に格差は認められないので、集落内の人びとの間に格差はまだ顕在化していなかったことがわかる。この時期、黄河・長江の中・下流域はすでに中国古代文化の中心地になり始めている。
 新石器時代晩期は中国先史文化の大発展期である。今まで1万ヶ所以上の遺跡が発見されている。大部分は黄河・長江の中・下流域に分布する。地域性が大きいことから地域経済が発展したことがわかる。
 晩期前段階の長江下流域には、大渓文化、仰韶文化、北陰陽営文化、薛家岡文化、拾年山文化、河姆渡文化、馬家浜文化、●沢文化などがあり、主要な経済地域が両湖区、峡江区、漢水中流域区、蘇皖区、●●区、三角州区などに認められる。文化区と経済区は対応すると考えている。
 両湖区では、農耕が発達し、城頭山遺跡では水田が見つかっている。耕作方法は撒播きである。そのほかに、アワ、ハトムギ、カボチャ、小葫芦瓜、大麻などの作物がある。峡江区では農耕の証拠は乏しく、食料の大部分は漁撈に依存し、動物の飼養も考えられる。峡江区の遺跡では多量の魚骨が見つかっている。これは三峡地域にいくつかの大きな漁場が存在したことと無関係ではない。同時に峡江区では石器製作が発達し、各集落には大きな石器工房があり、峡江地域には大規模な石器工房群が形成され、その製品の大部分が長江中流域で発見されている。漢水中流域には独自の石器生産がおこなわれていて、その製品は陜西中部でも発見されている。●●区でも独自の石器生産をおこない、製品は江西南部に供給されている。蘇皖区は長江中・下流域における最大の石器生産地である。その製品は長江下流域全域で発見され、中流域と黄河中・下流域でも出土している。三角州地域では農業が発達していて、動物性タンパク質は主に狩猟に依存し、家畜化はあまり進んでいない。しかも独自に石器を作っていない。
 黄河中・下流域には仰韶・北辛・大●口(早期)などの文化がある。その地域単位は明確でないが、漢中区(陜西西部)、陜西中部-山西南部-河南西部地域、鄭州洛陽区、内蒙古中南区、海岱区などに分けられよう。地域ごとに独自の石器生産をおこなっているが、鄭州洛陽区、海岱区は、蘇皖区の製品にも依存している。
 繁栄した地域経済を基礎として、晩期前段階には大形の集落が現れ、中心集落をもつ地域もある。内部には分化が始まっている。各地の経済がそれぞれに独自性をもち、その間に格差はなく、頻繁に交流をおこなっている。その方法は、隣接する集落同士では交換、遠方には徐々に及んでいくと考えている。
 晩期後半段階には経済区域に大きな変化が起こる。長江中・下流域では屈家嶺-石家河文化がある両湖地区と、良渚文化が集中する三角州地域が中心地になる。集落の数は倍以上に増え、城壁と集落群が現れる。石器と玉器の集中生産地であった峡江区、蘇皖区の石器生産の伝統を受け、また新しい種類を加え、独自性を持ち始める。良渚文化の玉器生産が発達し、これも蘇皖区の伝統を受けている。同時に良渚文化には漆・骨(象牙)器、●織などの生産が始まる。
 黄河中・下流域では、陶寺文化が所在する山西南部と、大●口文化(中・晩期)が分布する海岱区が経済発展の中心となった。山西南部の陶寺遺跡、下●遺跡の大型の墓からは多量の玉と石器が出土する。石器の産地は陶寺周辺にあり、また陶寺では大規模な石器工房も見つかっている。石器の第一次加工の場が陶寺からあまり遠くない大●堆山にあり、採石場と考えられていることからも納得できる。しかし玉と石器の製作技法のなかには、鉞や刀などの高級品を中心に、様式と技術が蘇皖区から受け継がれていると考えられる。同時に山西南部に存在した池塩もこの地域の重要な資源である。大●口文化中・晩期に発達した陶器と骨器製作業が存在し、石・玉産業は中・後期以降になると独自性をもつ。その種類と技術をみると、蘇皖区の系統を引いていることがわかる。これら経済中心区の形成が当時の蘇皖玉・石器工業区の解体と関係があると考えている。
 この時期における経済中心区域内では、一般の人々が使う製品と貴族の大型墓に副葬された玉、石器、漆、木器、骨(象牙)器、高級な土器などの贅沢品がはっきりと分かれている。貴族用の手工業が出現することは社会分化が固定されたことを意味する。製品は再分配方式で流通する。歴史時代の国家官手工業の前身と考えられる。この時期に、経済中心区が形成されるのは当時の社会間の衝突が激しく、しかも中心となる集団が資源を独自に掌握することと無関係ではない。これは地域において文明が形成されたことを意味する。
 新石器時代晩期以降に始まる龍山文化の時期、あるいは新石器時代最後の段階と呼ぶことができる時期には、黄河流域に斉家文化、客省荘文化、王湾文化、龍山文化などの文化がある。黄河中・下流域の中心となる経済地域は中原と海岱の2ヶ所であり、それぞれに独自の系統をもつ玉器、石器、土器の生産体系を形成している。冶銅業も徐々に発展している。
 長江中・下流域の石家河文化と良渚文化はこの時期にはいると衰退するため、伝統的な経済中心区は存在しなくなる。さらにこの時期の長江中・下流域では集落の数が減少し、北部に偏って分布するようになる。注目すべきはそれらの遺跡から出土する玉器、石器、土器の製品が中原地域のものと同じ特徴を持つようになっていることである。
 これはこの時期になると長江中・下流域が中原経済中心区の一部になっていたことを示している。この時期は中国新石器時代が青銅器時代に移行する時期であり、夏商周三代文明への転換期にあたる。これまでの説によると、この時期の晩期には伝説の夏代に入るとされている。つまり三代文明が中原地域、つまり黄河中・下流域で展開したことを意味している。三代文明はもともとこの地域に存在した文化の延長線上にあると考えられ、黄河中・下流域における経済区の繁栄と拡大が三代文明の基礎になっていると考えられるのである。

返信

道具使用 不適切

ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール

PR
PR

Archiver|携帯|abc0120.net

GMT+9, 2019-9-16 11:34 , Processed in 0.097754 second(s), 20 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ