博物館・美術館・世界遺産・考古用語・展覧会

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 782|返信: 0

[スロバキア] バンス力・シュティアヴニツァ

[コピーリンク]
発表 2013-4-1 09:05:16 | 全階表示 |閲覧モード
PR

バンス力・シュティアヴニツァ

バンス力・シュティアヴニツァ
バンス力・シュティアヴニツァ(スロバキア世界遺産)
スロバキア中部のバンス力・シュティアヴニツァは、スロバキアで最も古い鉱山都市である。大薬樽を坑道に運び込み、鉱石を覆う岩を吹き飛ばす方法は、1627年にこの鉱山で初めて行われ、その後ヨーロッパ中に広まった。18世紀、浅い層の金・銀鉱脈を掘りつくしてしまい、危機を迎えたが、折よく本気機関が発明され、より地下深くまで掘り進むことが可能となり、危機を脱した。
鉱山技師養成専門学校は、鉱山学を教えていた塾を基盤に、1762~1764年頃には本格的な教育機関となり、中央ヨーロッパに名だたる鉱山技師を送り出すようにもなった。1918年、鉱山技師養成専門学校の本部がハンガリー北西部に移ると、坑道は閉ざされ、町は寂れていった。15世紀に建造された後期ゴシック様式の聖カタリーナ聖堂や、18世紀初めに古典様式に手直しされた聖ニコライ大聖堂などが、残っている。出所:世界遺産の旅
返信

道具使用 不適切

ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール

PR
PR

Archiver|携帯|abc0120.net

GMT+9, 2017-5-1 15:15 , Processed in 0.154817 second(s), 23 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ