博物館・美術館・世界遺産・考古用語・展覧会

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 1649|返信: 2

東京国立博物館(トーハク)

[コピーリンク]
発表 2013-1-2 21:38:42 | 全階表示 |閲覧モード
PR
概要               
東京国立博物館は、わが国の総合的な博物館として日本を中心に広く東洋諸地域にわたる文化財を収集・保管して公衆の観覧に供するとともに、これに関連する調査研究および教育普及事業等を行うことにより、貴重な国民的財産である文化財の保存および活用を図ることを目的としています。
平成19年4月1日からは、東京国立博物館の所属する独立行政法人国立博物館と独立行政法人文化財研究所が統合され「独立行政法人国立文化財機構」が発足しました。新法人のもと貴重な国民的財産である文化財の保存及び活用を、より一層効率的かつ効果的に推進していきます。
---------------------------------------------------------------------------
みなさま、ようこそ東京国立博物館(トーハク)へ。
トーハクにはわが国の長い歴史を彩ってきた多くの重要な文化財が展示されています。その中には何百年あるいは何千年前に生まれたものも多くあります。現代の私たちが目にすることができるのは、ひとえに先人達により大切に守り伝えられてきたからです。私たちは、これらをしっかりと受け継いでいかなくてはなりません。
この、貴重な文化財を大切に守りながら未来へ、そして世界へ紹介していくという「保存」と「公開」という命題を調和させながら、日本の伝統と文化を継承していくことが、我々の使命だと考えています。

東京国立博物館長 銭谷 眞美

東京国立博物館長 銭谷 眞美

そのため、私たちは学生をはじめとした若い方に、日本や東洋の伝統文化に触れ、歴史を学び、美術を観賞する楽しさを体験していただきたいと心から願っています。スクール・プログラム、親子で参加するワークショップなど、広く博物館が教育や文化普及の場となるような事業に力を入れています。
また、トーハクにいらっしゃる多くの外国の方々に、わが国の伝統や文化をわかりやすく紹介し、日本を感じ、理解する手掛かりとしていただける、「日本文化の玄関口」「わが国の顔」の役割をになう博物館となっていくよう、取り組んでいます。
    今年は、東洋館がリニューアルオープンしました。日本と日本文化に深く関わるアジア諸地域の文化を、多くの方々にご覧いただきたいと思っています。
    私たちは、トーハクを訪れた方々が多くの感動を体験し、博物館という空間を心から楽しんでいただけるよう、そして国民のみなさまが世界に誇れる博物館を目指して、一層の努力を進めて参ります。
情報源:東京国立博物館(トーハク)

返信

道具使用 不適切

【PR】
発表 2013-1-22 16:37:16 | 全階表示

交通・料金・開館時間--東京国立博物館(トーハク)

PR
交通・料金・開館時間               
交通のご案内

交通・料金・開館時間--東京国立博物館(トーハク)

交通・料金・開館時間--東京国立博物館(トーハク)


公共交通機関でお越しの方
  • JR上野駅公園口、または鶯谷駅南口下車 徒歩10分
  • 東京メトロ 銀座線・日比谷線上野駅、千代田線根津駅下車 徒歩15分
  • 京成電鉄 京成上野駅下車 徒歩15分
  • 台東区循環バス「東西めぐりん」で上野駅・上野公園バス停から乗車し、1つ目のバス停が東京国立博物館前(2分)。
展示をご覧になる方は正門からご入館ください。
お車でお越しの方
  • 首都高速道路 上野線 上野出口 5分
東京国立博物館には駐車場はありません。
車椅子でのご来館の場合は当館総務課までご相談ください。一般の方は駅周辺の駐車場をご利用ください。
・タイムズ上野駅公園口0120-77-892424時間
・上野公園第一(上野駅公園口)03-3821-07559時00分~21時30分
・上野公園第二(バス)(上野駅公園口)03-3821-07559時00分~21時30分
・上野パーキングセンター03-3833-815124時間
・京成上野駅駐車場(京成上野駅)03-3834-57086時00分~22時00分
・上野中央通り地下駐車場03-5812-369524時間


料金のご案内一般600(500)円、大学生400(300)円
  • (注)( )内は20名以上の団体料金です。
  • (注)特別展の場合は別料金となります。各特別展の案内ページをご参照ください。
  • (注)障がい者とその介護者各1名は無料です。入館の際に障がい者手帳等をご提示ください。
  • (注)高校生以下および満18歳未満,満70歳以上の方は,総合文化展について無料です。入館の際に年齢のわかるもの(生徒手帳,健康保険証,運転免許証など)をご提示ください。
  • (注)チケット販売窓口では下記決済サービスがご利用いただけます。
          ・クレジットカード(Visa、MasterCard、JCB、AMEX、Diners、DISCOVER)
          ・電子マネー(iD、Suica、WAON)
          ・銀聯(ぎんれん)

交通・料金・開館時間--東京国立博物館(トーハク)

交通・料金・開館時間--東京国立博物館(トーハク)

子どもといっしょ割引子ども(高校生以下および満18歳未満)と一緒に来館した入館者(子ども1名につき同伴者2名まで)は、団体料金で総合文化展を観覧できます。
託児サービスのご案内(2013年1月~2月)
総合文化展割引パス総合文化展割引パス(満65~69歳限定)は、2000円(有効期限:発行から1年間)で総合文化展を何度でも観覧できます。お求めの際に年齢のわかるもの(健康保険証、運転免許証など)をご提示ください(京都・奈良・九州国立博物館ではご利用いただけません)。
(注)総合文化展割引パスは、2013年3月31日(日)で販売終了となります。発行日から1年間はご利用いただけます。
無料観覧日国際博物館の日(5月18日)、敬老の日(9月第3月曜日。2013年は9月16日(月・祝))は、総合文化展のみ無料です。
資料館(図書・写真の利用)入館無料。資料館のみをご利用の方は、西門(通用門)よりご来館ください。
博物館正門から入館された方は、資料館東口よりご利用いただけます。

開館時間のご案内9:30~17:00(入館は16:30まで) 
2013年3月から12月までの特別展開催期間中の毎週金曜日は20:00まで開館します。
2013年4月から9月までの土曜、日曜、祝日、休日は18:00まで開館します。
(注)入館は閉館の30分前まで

資料館(写真・図書の利用)開館時間:9:30~17:00(月曜日から金曜日) 

休館日のご案内月曜日(ただし月曜日が祝日または休日の場合は開館し、翌火曜日に休館)、年末年始(2013年12月24日~2014年1月1日)。
ゴールデンウィーク期間とお盆期間中(8月13日~8月15日)は、原則として無休。
2013年の開館・休館について
  • 2013年4月29日(月・祝)~5月6日(月・休)は開館します。
  • 2013年6月18日(火)は電気設備等保守点検のため、臨時休館いたします。
  • 2013年8月12日(月)は開館いたします。
  • 2013年の年末は12月23日(月・祝)まで開館、2014年は1月2日(木)から開館いたします。

2013年の展示室閉室等について
  • 表慶館は、2011年12月26日(月)より休館しています。開館予定は未定です。
  • 黒田記念館は、2012年4月8日(日)より耐震工事のため休館しています。開館予定は未定です。
  • 2013年1月15日(火)~2013年3月18日(月)まで、本館1階20室はミュージアムショップ移転にともない閉室いたします。
  • 2013年3月4日(月)~2013年3月18日(月)まで、本館1階11室~19室は展示環境改善のため閉室いたします。
  • 2013年3月10日(日)~2013年3月18日(月)まで、本館地下1階ミュージアムショップは、移転のため閉店いたします。

資料館(図書・写真の利用)土曜日・日曜日・祝日、毎月の末日(休日にあたる時はその前日)、年末・年始。その他臨時に休館することがあります。

東京国立博物館へのお問合せ利用案内や展示・催し物に関するお問い合わせ電話番号:03-5777-8600(ハローダイヤル)
その他のお問い合わせ住所:〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9 東京国立博物館
電話番号:03-3822-1111(代表)
情報源:東京国立博物館(トーハク)

【PR】
発表 2013-1-22 16:38:22 | 全階表示

館の歴史--東京国立博物館(トーハク)

PR
館の歴史
東京国立博物館は明治5年(1872)3月10日、文部省博物局が湯島聖堂大成殿において最初の博覧会を開催したとき、わが国初の博物館としてその産声をあげました。博物館は開館後間もなく内山下町に移転、次いで明治15年に上野公園に移り、現在にいたっています。その後130年あまりの間、博物館はその時代の施策にしたがって所属官庁が変わったり、大規模な組織の改変が行われるなど幾多の変遷を経てきました。明治期に内外で開催された大規模な博覧会との関わり、関東大震災、太平洋戦争などが館に与えた影響などを織り交ぜつつ、創立当初から今日までの東京国立博物館の歩みをたどります。
明治5年(1872)に一曜斎国輝によって描かれた「古今珍物集覧」という3枚組の錦絵がある。正面の建物と左右の回廊の棚に並ぶ様々な陳列品を強烈な色彩で描いた、変わりだねの1点である。画面手前には水槽に入れた山椒魚、中央に大きな黄金の鯱、正面の堂内には絵画・書跡・珊瑚・金工品、右の棚に剥製・骨格見本・額画、左の棚に染織品・漆器・楽器・陶器類などが網羅的に並べられている。実は、これがわが国における最初の博覧会の陳列風景であった。
1.湯島聖堂博覧会
            明治5年3月10日、湯島聖堂大成殿を会場として文部省博物局による最初の博覧会が開かれた。博覧会の会期は20日間、午前9時から午後4時までの開館時間が設けられた。この博覧会の陳列品は、前年の大学南校(文部省の前身)物産会の資料を引継ぎ、さらに翌年オーストリアで開催されるウィーン万国博覧会の参加準備も兼ね、広く全国に出品を呼びかけ収集している。博覧会出品目録草稿によると陳列品は、御物はじめとする古器旧物(文化財)と剥製、標本などの天産物を中心に600件余りをかぞえ、広汎な種類の展示であったことがうかがえる。特に、大成殿中庭のガラスケースに陳列された名古屋の金鯱は観覧者の注目を集め、博覧会の人気に拍車をかけた。当事者の1人である田中芳男が後に述べているように、この博覧会は観覧者が多く混雑したため入場を制限し、対応策として会期を4月末日まで延長せざるをえなかった。博覧会の入場者総数15万人、1日平均約3,000人の観覧者が大成殿に足を運んだことになる。
明治5年の博覧会は、恒久的な展示を行なう博物館の誕生でもあった。ガラスの陳列ケースの並ぶ室内、さらにケース内の陳列品は、当時の観覧者に新鮮な印象を与えたことだろう。政府によるわが国最初の博覧会の開催、東京国立博物館はこれをもって創立・開館の時としている。
2.ウィーン万国博覧会 近代博物館発展の源流
明治6年(1873)、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の冶世25周年を記念して、ウィーン万国博覧会が開催された。            
              明治4年、万国博覧会への公式参加要請を受けた日本政府は、博覧会事務局を設置し、大隈重信・佐野常民を中心に陳列品収集などの準備を開始した。佐野常民の提唱した万国博覧会参加の目的には、日本国土の豊かさと優れた伝統技術を海外に紹介し、出品した産物や工芸品などの輸出増加をめざすこと、これに対して西洋の近代文化を学び、機会技術を伝承するための技術を養成することのほかに、博物館を創設し博覧会を開催するといった、草創期の博物館の大きな目標がかかげられている。出品物の収集は、各府県の物産調書の作成からはじまり、特産物などをそれぞれについて2点ずつ準備し、ひとつは万国博覧会に、ひとつは博物館の常備陳列品とした。            
ウィーン万国博覧会は、5月1日から11月2日までの約半年間、市内を流れるドナウ河畔のプラーター公園で開催された。日本からは、官員・通訳41名、建築庭園関係者など25名、外国人6名、合計72名のほかに、西洋の優れた機械技術伝習のために24名の技術者がウィーンへ派遣された。日本列品場には、陶器・七宝・漆器・織物などの伝統的工芸品や巨大物品として金鯱、鎌倉大仏の紙の張抜、谷中天王寺五重塔雛形も展示された。さらに、陳列とは別に神社を配した日本庭園を造成し、折からの日本ブームによって入場者の好評を博したと伝えられる。ウィーンの万国博覧会は、会期中の総入場者数約722万5千人、要した費用は当時の金額で2,340万円にのぼる、わが国がはじめて公式参加した世紀の祭典であった。            
明治8年、佐野常民は16部96巻に及ぶウィーン万国博覧会報告書を政府に提出した。報告書の中の博物館部ではゴットフリート・ワグネルに「東京博物館創立の報告」「芸術百工上美術博物館ニ付イテノ報告」を作成させ、日本における近代博物館の建設の必要性を強く訴えている。ウィーン万国博覧会への参加は、本格的な博覧会建設や内国勧業博覧会開催の実現にむけて、大きな展開を遂げる契機となったのである。
【PR】
ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール

PR
PR

Archiver|携帯|abc0120.net

GMT+9, 2017-3-30 11:50 , Processed in 0.177510 second(s), 22 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ