博物館・美術館・世界遺産・考古用語・展覧会

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 932|返信: 0

[中国] 福建土楼-世界文化遺産

[コピーリンク]
発表 2014-7-7 12:34:14 | 全階表示 |閲覧モード
PR

福建土楼-世界遺産 土楼-承啓楼

福建土楼-世界遺産 土楼-承啓楼
福建土楼 ふっけんどろう
世界文化遺産登録:2008年
場所:福建省
 主に福建省西部と南部の山中に点在し、独特の建築スタイルを持った客家(漢民族)の民家建築である。福建省永定県の高北土楼群、洪坑土楼群、初渓土楼群、衍香楼、振福楼や、南靖県の田螺坑土楼群、河坑土楼群、和貴楼、懐遠楼や、華安県の大地土楼群などがある。
 宋元時期に見られ始めた福建土楼は、地震対策、防火、獣や外敵の襲来に備えて造った大規模な山岳民家建築である。素材は土や石、木材などで、冬は暖かく夏は涼しい。中には生活に必要なものがすべて揃っていて、一つの村のようだ。百何十世帯が一緒に住むこともあり、外との接点を持たずに数カ月籠城できたといわれる。
土楼のデザインは、円楼、方楼、五鳳楼、凹字型、半円型、八卦型などがあるが、円楼と方楼が多く見られる。簡単な幾何学模様の建築物で、周囲の自然景観と強烈に対比しつつも一体となっている。円楼が一般的に面積も広く、最大のものでは直径71mに達する。通常は最下層が食事調理スペースで、2階が倉庫、3階より上が居住空間となっている。永定土楼は独特の円楼デザインであり、福建土楼の代名詞となっている。方楼は一般的に正方形か正方形に近い形状の高い塀を備え、それに沿ってその他の建築物が広がっている。階層の使われ方は円楼と同じだが、高いものでは6階建てに達し、木製の床や梁が用いられ、瓦屋根である。
永定土楼
南靖土楼
返信

道具使用 不適切

ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール

PR
PR

Archiver|携帯|abc0120.net

GMT+9, 2017-10-18 05:27 , Processed in 0.089952 second(s), 23 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ