博物館・美術館・世界遺産・考古用語・展覧会

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 318|返信: 1

東京大空襲・七十年-すみだ郷土文化資料館

[コピーリンク]
発表 2015-3-23 11:09:47 | 全階表示 |閲覧モード
PR
企画展 東京大空襲・七十年
会場:すみだ郷土文化資料館
〒131-0033 東京都墨田区向島2-3-5
電話:03-5619-7034
会期:2015年2月21日(土)~2015年5月17日(日)

東京大空襲・七十年-すみだ郷土文化資料館

東京大空襲・七十年-すみだ郷土文化資料館

料金:個人100円、団体(20人以上)80円、中学生以下と身体障害者手帳、療育手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は無料
休館日:月曜日、毎月第4火曜日
本年は、東京大空襲から70年目の節目に当たります。そこで、当資料館では『都内戦災殉難者霊名簿』という東京空襲に関わる新資料と、それをもとに新たに作成した空襲被災地図の紹介を中心に、空襲被害の新事実を明らかにする企画展を開催いたします。
返信

道具使用 不適切

【PR】
 スレ主| 発表 2015-3-23 11:10:38 | 全階表示
PR
 1945年3月10日の東京大空襲から70年目の節目に当たり、『都内戦災殉難者霊名簿』(以下『霊名簿』)という東京空襲に関わる新資料と、それをもとに新たに作成した空襲被災地図の紹介を中心に、空襲被害の新事実を明らかにする企画展を開催いたします。
 『霊名簿』とは、東京都建設局公園緑地課と東京都慰霊協会が、公園等に仮埋葬された東京空襲犠牲者の改葬事業終了後、1951年から1955年頃にかけて作成したもので、犠牲者約3万人の氏名・年齢・性別・死亡場所・仮埋葬地などの情報が記されています。
 当館は、2001年にNHKとの共同調査により本資料を発見し、それ以来、江戸東京博物館、豊島区立郷土資料館、東京大空襲・戦災資料センターとともに共同研究を進めてまいりました。特に2012年以後は、文部科学省の科学研究費の助成を受けた戦災資料センターの研究プロジェクトに加わり、住所と死亡場所を矢印で結ぶことで空襲犠牲者の避難動向を地図上に表した「いのちの被災地図」を作成しました。
 今回の展示では、被災地図に表された空襲時における避難動向と空襲火災の発生・延焼状況について、写真・絵画・証言記録などの関連資料と合わせて検証し、3月10日の人的被害の実態と被害拡大の要因について「町」別に読み解いていきます。
返信 支持 反对

道具使用 不適切

【PR】
ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール

PR
PR

Archiver|携帯|abc0120.net

GMT+9, 2017-1-17 17:59 , Processed in 0.142232 second(s), 23 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ