博物館・美術館・世界遺産・考古用語・展覧会

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 1057|返信: 0

[陶磁器] 五花形盤-越州窯-陝西省歴史博物館-秘色越器-千峯翠色

[コピーリンク]
発表 2015-4-29 15:52:26 | 全階表示 |閲覧モード
PR

五花形盤

五花形盤

五花形盤
ごかがたばん

1枚
青磁 越州窯
高6.8、ロ径22.5
唐9世紀
1987年、陝西省扶風法門寺地宮出土
陝西省歴史博物館
 の江の越州窯で焼かれた青磁は、晩唐代になるとしばしば詩文に取り上げられるよう
になる、陸亀蒙の詩「秘色越器」に「千峯翠色」とあり、山々の緑にたとえられていること
から、越州窯の青磁が「秘色」と呼ばれ、それまでの陶磁器にはない新たな美しきをそな
えたやきものとして賞賛されていたさまがうかがえる。しかしこの「秘色」が具体的にどのよ
うなものを指しているかについでは、長く確証が得られなかった。
 法門寺地宮からは、この五花形盤を含め、全部で6件の青磁盤が出土している。これが
「監送真身使随真身供養道具及金銀宝器衣物帳」にある「完秘色盤子畳子六枚」の記述
に一致することから、これらの青磁が当時「秘色」と称されていたことが実証された。
 この秘色青磁は器形が端整で美しく、口縁に小さな刻み目を入れて花形に作る輪花
の装飾が効果的に用いられている。釉薬はなめらかでしっとりとした質感を具え、ほとん
ど黄味を感じさせない淡く澄んだ青緑色を呈している,底部は平底で、総体に施釉され、
底裏に道貝で支えた痕が環状に並んでいる。      
出所:中国王朝の至宝特別展
返信

道具使用 不適切

ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール

PR
PR

Archiver|携帯|abc0120.net

GMT+9, 2017-12-14 05:51 , Processed in 0.129097 second(s), 23 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ