博物館・美術館・世界遺産・考古用語・展覧会

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 1903|返信: 0

踊布袋図-梁楷-大川普済-香雪美術館

[コピーリンク]
発表 2015-7-19 15:02:50 | 全階表示 |閲覧モード
PR
踊布袋図(おどりほていず)
重要文化財
梁楷
りょうかい
大川普済 賛
紙本墨画 一幅
南宋代
 13世紀、南宋末に活躍した梁楷の卓越した技量は、李白吟行図(東京国立博物館)にも窺える。この布袋は、頭陀袋を括り付けた杖を担ぎ、まるで踊り出すかのように歩む姿が天真爛漫。観る者の心を和ませる力を持っている。墨の描線だけで描ききってしまうところが絶品。
 禅宗で、正当な法系に属さないが、その行状が人々に仏法の真理を目覚めさせる人物を「散聖」という。寒山・拾得・布袋・蜆子和尚・猪頭和尚などがその例で、禅的な奇行が多い。禅林で好んで描く画題となり、水墨画による優品が多く遺された。
 賛者の大川普済(だいせんふさい、1179-1253)は、大慧宗杲下四世。弟子の慧明首座と共に『景徳伝灯録』以下の「五灯録」を整理し、総合的な禅宗通史『五灯会元』を編んだことで著名。
所蔵:香雪美術館

返信

道具使用 不適切

ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール

PR
PR

Archiver|携帯|abc0120.net

GMT+9, 2019-6-19 17:57 , Processed in 0.590374 second(s), 20 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ