博物館・美術館・世界遺産・考古用語・展覧会

 ※パスワードを忘れた方はこちら
 すぐ新規ユーザ
閲覧: 375|返信: 2

唐画もん—武禅にろう苑、若冲も-千葉市美術館

[コピーリンク]
発表 2015-8-21 10:44:10 | 全階表示 |閲覧モード
PR
開館20周年記念 唐画もん—武禅にろう苑、若冲も
会場:千葉市美術館
〒260-8733 千葉県千葉市中央区中央3-10-8
電話:043-221-2311
会期:2015年9月8日(火)~2015年10月18日(日)

唐画もん—武禅にろう苑、若冲も-千葉市美術館

唐画もん—武禅にろう苑、若冲も-千葉市美術館

江戸時代中期の大坂では、優れた手腕を持つ個性的な作風の絵師たちが活躍していました。近年、同時代の京都画壇が脚光を浴びる一方で、大坂の絵師たちの豊かな営みにも徐々に注目が集まっています。
本展は、知られざる大坂の絵師、武禅とろう苑に光を当てた初めての展覧会です。今でこそ、知る人ぞ知る存在となってしまいましたが、彼らは流行の中国絵画を学んだ「唐画師(からえし)」として独自の表現を追求し、おおいに人気がありました。
墨江武禅(すみのえぶぜん)(1734~1806)は船頭でしたが、絵師としても活躍し、盆景や金工作品も手がけました。彼は大坂の浮世絵師月岡雪鼎(つきおかせってい)に学ぶ一方で、中国絵画に関心を寄せ、光を意識した幻想的な作品やオランダ絵画の写しなど、一風変わった作品を描いています。
 林ろう苑(はやしろうえん)(生没年不詳、1770~80年頃活動)は、文人画の大成者たる池大雅(いけのたいが)の弟子福原五岳(ふくはらごがく)に絵を学び、多くの中国絵画を見て創作に役立てました。華麗な花鳥図、荒々しく奇怪な表現の水墨画、風刺のきいた風俗図など実に多様な作品を残しています。
二人の画業をたどるとともに、師である雪鼎や五岳、さらに同時代の大坂や京都で活躍した伊藤若冲や曾我蕭白、松本奉時(まつもとほうじ)や耳鳥斎(にちょうさい)らの作品もあわせ、約150点の作品をご紹介します。
※会期中展示替えを行います。

料金:一般 1,000円(800円)/大学生 700円(500円)/小・中学生、高校生無料
※( )内は前売券、団体20名以上の料金、および市内在住65歳以上の方の料金
※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
休館日:9月28日(月)、10月5日(月)
返信

道具使用 不適切

【PR】
 スレ主| 発表 2015-8-21 10:48:05 | 全階表示
PR

墨江武禅《青緑山水渓流游回図》個人蔵

墨江武禅《青緑山水渓流游回図》個人蔵

墨江武禅《青緑山水渓流游回図》個人蔵

林ろう苑《得双寿図》個人蔵

林ろう苑《得双寿図》個人蔵

林ろう苑《得双寿図》個人蔵

墨江武禅《美人図》個人蔵

墨江武禅《美人図》個人蔵

墨江武禅《美人図》個人蔵
返信 支持 反对

道具使用 不適切

【PR】
 スレ主| 発表 2015-8-21 10:51:43 | 全階表示
PR

林ろう苑《白孔雀図》大坂歴史博物館蔵

林ろう苑《白孔雀図》大坂歴史博物館蔵

林ろう苑《白孔雀図》大坂歴史博物館蔵

墨江武禅《花鳥図》個人蔵

墨江武禅《花鳥図》個人蔵

墨江武禅《花鳥図》個人蔵

林ろう苑《鹿図》大坂歴史博物館蔵

林ろう苑《鹿図》大坂歴史博物館蔵

林ろう苑《鹿図》大坂歴史博物館蔵

伊藤若冲《旭日松鶴図》摘水軒記念文化振興財団蔵

伊藤若冲《旭日松鶴図》摘水軒記念文化振興財団蔵

伊藤若冲《旭日松鶴図》摘水軒記念文化振興財団蔵(後期展示)

伊藤若冲《鵞鳥図》個人蔵

伊藤若冲《鵞鳥図》個人蔵

伊藤若冲《鵞鳥図》個人蔵
返信 支持 反对

道具使用 不適切

【PR】
ログインしてから、返信ができる ログイン | すぐ新規ユーザ

本版ポイントルール

PR
PR

Archiver|携帯|abc0120.net

GMT+9, 2017-4-27 18:10 , Processed in 0.107823 second(s), 22 queries .

Powered by Discuz! X3.2

© 2001-2013 Comsenz Inc.

返信 上へ 一覧へ