特別展「畠山記念館の名品─能楽から茶の湯、そして琳派─」京都国立博物館

特別展「畠山記念館の名品─能楽から茶の湯、そして琳派─」京都国立博物館

名称:特別展「畠山記念館の名品─能楽から茶の湯、そして琳派─」京都国立博物館
展示期間:2021年10月9日(土)~12月5日(日)
※会期中、一部作品の展示替を行います。
会場 京都国立博物館 平成知新館
交通 JR、近鉄、京阪電車、阪急電車、市バス 交通アクセス
休館日 月曜日
音声ガイド 未定
主催 京都国立博物館、畠山記念館、日本経済新聞社、NHK京都放送局、NHKエンタープライズ近畿
住所:〒605-0931京都府京都市東山区茶屋町527
TEL:075-541-1151
URL:京都国立博物館
 荏原製作所の創業者である畠山一清(はたけやまいっせい、号:即翁<そくおう>)が収集した美術品を収蔵する畠山記念館。本展は改築工事のため長期休館中の同館コレクションのなかから、茶道具を中心とする日本・中国・朝鮮の古美術の名品を紹介します。即翁が愛蔵した茶道具には「即翁與衆愛玩(そくおう よしゅうあいがん)」の蔵印が用いられており、その言葉は自らが蒐集品を独占するのではなく、多くの人と共に楽しみたいとの即翁の想いが込められています。即翁の美意識と彼の愛した古美術の世界を共有できるまたとない機会です。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る