「香川元太郎 迷路絵本展」熊本県立美術館

「香川元太郎 迷路絵本展」熊本県立美術館
香川元太郎 《バベルの塔》 2008年

名称:「香川元太郎 迷路絵本展」熊本県立美術館
開催期間:2021年7月17日(土曜日)~2021年9月4日(土曜日)
会場:本館第1展示室
休館日:月曜日休館 祝日の場合は開館し、翌平日休館
主催:TKUテレビ熊本、熊本県立美術館
〒860-0008熊本県熊本市中央区二の丸2
TEL:096-352-2111
URL:熊本県立美術館
香川元太郎は、愛媛県生まれの作家で、かくし絵・迷路イラストを多数制作するほか、歴史考証イラストレーターとして歴史の教科書や資料集などに作品を描いています。2005年に発表された『時の迷路』以来、シリーズ累計300万部を発行した「迷路」シリーズは、一枚一枚丁寧に考証を行いながら書き下ろしています。迷路やその中にちりばめられているかくし絵に挑戦するうちに、歴史や自然など、それぞれのテーマについて遊びながら学ぶことができます。今回の展覧会では、第1作の『時の迷路』をはじめ『宇宙の迷路』『おもちゃの迷路』など全16タイトルの原画を展示。ご家族やご友人と一緒に、楽しみ、学べる展覧会です。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る