京都市京セラ美術館開館1周年記念展「上村松園」京都市京セラ美術館

京都市京セラ美術館開館1周年記念展「上村松園」京都市京セラ美術館

名称:京都市京セラ美術館開館1周年記念展「上村松園」京都市京セラ美術館
会期:2021年7月17日-2021年9月12日
  前期:2021年7月17日(土)~8月15日(日)
  後期:2021年8月17日(火)~9月12日(日)
時間:10:00〜18:00
  ※入場は閉館の30分前まで
会場:本館 北回廊1階
休館日:月曜日(祝日の場合は開館)
住所:〒606-8344京都府京都市左京区岡崎円勝寺町124
TEL:075-771-4107
URL:京都市京セラ美術館

京都市京セラ美術館開館1周年記念展「上村松園」京都市京セラ美術館
京都市京セラ美術館開館1周年記念展「上村松園」京都市京セラ美術館

当館の開館1周年記念展として、近代の京都画壇を代表する日本画家である上村松園(1875〜1949)の展覧会を開催します。

1974年に当館で開催した「生誕100年記念 上村松園展」から約50年ぶりとなる今回の展覧会では、《序の舞》1936年(東京藝術大学蔵)と《母子》1934年(東京国立近代美術館蔵)の重要文化財に指定された作品2点をはじめ、《焰》1918年(東京国立博物館蔵)、《草紙洗小町》1937年(東京藝術大学蔵)、《砧》1938年(山種美術館蔵)など、全国の美術館・個人所蔵家の方々の協力を得て、最初期から絶筆に到るまでの代表的な作品100点余りが集結します。
近代の京都画壇が生んだ不世出の女性画家である上村松園の全貌を、ここ京都でご覧いただきます。 ※会期中、展示替えあり

[松園と当館の関係]
近代京都画壇の日本画を多数コレクションする当館として、上村松園は特に重要な作家です。初期の代表作である《人生の花》(1899年)から絶筆となった《初夏の夕》(1949年)のほか、総計10点をコレクションしています。また、過去には1974年に「生誕100年記念 上村松園展」を開催。この展覧会では、ご子息である日本画家の上村松篁氏を中心に作品が選定され、代表作47点とスケッチや縮図帖が出品されました。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る