「文書管理の歴史を紐解く-古代~近世の文書の管理・保存・利用-」国立公文書館

「文書管理の歴史を紐解く-古代~近世の文書の管理・保存・利用-」国立公文書館

名称:「文書管理の歴史を紐解く-古代~近世の文書の管理・保存・利用-」国立公文書館
会期:2021年6月26日(土)〜8月29日(日)
開室時間:午前9時15分〜午後5時00分
入場料:無料
住所:〒102-0091東京都千代田区北の丸公園3-2
TEL:03-3214-0621
URL:国立公文書館

「紀伊国屋三谷家コレクション 浮世絵をうる・つくる・みる」千代田区立日比谷図書文化館
「文書管理の歴史を紐解く-古代~近世の文書の管理・保存・利用-」国立公文書館

令和3年(2021)は、当館の開館50周年、公文書管理法施行10周年という節目の年となります。そこで本年第1回目の企画展では、古代から近世にかけて、朝廷や公家、幕府や武士たちが記録・保存・利用してきた、重要文化財を含む当館所蔵の貴重な古書・古文書を展示いたします。 古代の六国史(りっこくし)や律令、中世の貴族たちの日記、江戸幕府の資料蒐集(しゅうしゅう)に関する記録や書物奉行の業務日誌などから、当時の文書管理の一端を御紹介いたします。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る