テーマ展「独礼庄屋 高林家」浜松市博物館

テーマ展「独礼庄屋 高林家」浜松市博物館

名称:テーマ展「独礼庄屋 高林家」浜松市博物館
開催期間:令和3年5月22日(土曜日)~令和3年7月11日(日曜日)
開催場所:浜松市博物館特別展示室
開館時間:午前9時~午後5時
休館日:月曜日
観覧料:大人310円(240円)・高校生150円(120円)・中学生以下無料
  70歳以上の方と障害者手帳をお持ちの方と介添えの方1名まで無料
  ※()内は20名以上の団体料金
住所:〒432-8018静岡県浜松市中区蜆塚4-22-1
TEL:053-456-2208
URL:浜松市博物館

テーマ展「独礼庄屋 高林家」浜松市博物館
テーマ展「独礼庄屋 高林家」浜松市博物館

近世において、高林家は有玉下村(東区有玉南町)の庄屋を務めました。また、高林家は浜松藩主に単独で目通りすることができる「独礼」という格式も持っていました。そして、当主の中には、村政や家政、災害等の詳細な記録を残したり、文化活動に名を残したりした者もいました。
それらの史料は高林家より寄贈され、現在「高林家文庫」として浜松市立中央図書館の所蔵となっています。
今回の展示では、高林家文庫の史料等から、有玉の村々をはじめとした浜松地域の様子や浜松藩主との関係を通して、近世の高林家についてご紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る