企画展「実相 忍びの者」埼玉県立嵐山史

企画展「実相 忍びの者」埼玉県立嵐山史

名称:企画展「実相 忍びの者」埼玉県立嵐山史跡の博物館
会期:2021年8月7日(土)~9月20日(月・祝) 
  ※毎週月曜日は休館(ただし8月9日、9月20日は開館)
観覧料:一般:100円   
    学生・高校生:50円
    中学生以下・障害者(付き添い1名まで)は無料
住所:〒355-0221埼玉県比企郡嵐山町大字菅谷757
TEL:0493-62-5896
URL:埼玉県立嵐山史跡の博物館

企画展「実相 忍びの者」埼玉県立嵐山史
企画展「実相 忍びの者」埼玉県立嵐山史

 小説やアニメなど、現代において世界的にポピュラーな題材となっている「忍者」。そのルーツには、戦国時代から江戸時代にかけて活躍した「忍び」の存在があります。
「忍び」は武家社会の象徴のひとつであり、戦国時代の軍事を理解するためには欠かせない要素でありながら、その実像はこれまで謎に包まれていました。本企画展では、戦国の忍びの活動を記録した生の史料や、忍びが用いた「忍器」と考えられる考古資料を展示し、「忍び」の真の姿に迫ります。
 当館が開催してきた企画展 戦国三部作のラストを飾る、戦国ファン・忍者ファン必見の企画展です。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る