「コレクター福富太郎の眼 昭和のキャバレー王が愛した絵画」新潟県立近代美術館

コレクター福富太郎の眼 昭和のキャバレー王が愛した絵画

名称:「コレクター福富太郎の眼 昭和のキャバレー王が愛した絵画」新潟県立近代美術館
会期:2021年09月18日(土) ~ 2021年11月07日(日)
開催時間:10:00〜18:00(観覧券の販売は17:30まで)
休館日:9/27(月)、10/11(月)、10/25(月)
観覧料:一般 1,600円(1,400円)/大学・高校生 1,300円(1,100円)/中学生以下無料 *( )内は有料20名様以上の団体料金  前売券[一般のみ] 1,400円
会場:新潟県立万代島美術館
住所:〒940-2083新潟県長岡市千秋3-278-14
TEL:0258-28-4111
URL:新潟県立近代美術館

昭和の「キャバレー王」として知られた福富太郎(1931-2018)は、事業の成功の傍ら美術品を長年蒐集し「福富太郎コレクション」を築きました。本展覧会では、その傑出した人物像にも焦点を当てながら、蒐集のきっかけとなった鏑木清方を代表とする美人画や黎明期の洋画など、福富氏がこよなく愛した絵画とその魅力をコレクターの審美眼をとおしてご紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る