秋季特別展「徳川美術館展-尾張徳川家の至宝」石川県立歴史博物館

秋季特別展「徳川美術館展-尾張徳川家の至宝」石川県立歴史博物館

名称:秋季特別展「尾張徳川家の至宝」石川県立歴史博物館
会期:2021年10月9日(土)〜11月23日(火・祝)
前期:10月9日(土)〜10月31日(日)
後期:11月2日(火)〜11月23日(火・祝) ※11月1日(月)は展示替えのため閉室
開館時間:9:00〜17:00※最終入場は16:30まで
場所:石川県立歴史博物館
主催:「徳川美術館展 尾張徳川家の至宝」金沢展実行委員会
特別協賛:株式会社クスリのアオキ
協賛:日本通運株式会社
特別協力:徳川美術館
協力:北陸中日新聞
住所:〒920-0963 石川県金沢市出羽町3-1
TEL:076-262-3236
URL:石川県立歴史博物館

秋季特別展「尾張徳川家の至宝」石川県立歴史博物館
秋季特別展「徳川美術館展-尾張徳川家の至宝」石川県立歴史博物館

尾張徳川家は、江戸幕府を開いた徳川家康の九男義直(1600-1650)に始まる御三家筆頭の大名家で、名古屋城を居城とし、江戸時代を通じて徳川将軍家に次ぐ家格を誇りました。
本展では、名古屋の徳川美術館に伝来した家康の遺産「駿府御分物(すんぷおわけもの)」や歴代当主、夫人の所用品に加え、同館のコレクションの中から選び抜いた名品を紹介します。とりわけ国宝「源氏物語絵巻」は徳川美術館以外では巻子装への修復後初めての特別公開であり、三代将軍家光の娘千代姫の調度である国宝「初音の調度」は金銀の蒔絵が施された華麗な婚礼調度です。
また、前田綱紀から五代将軍綱吉に献上された国宝の太刀「津田遠江長光」や、関ヶ原合戦直前の徳川家と前田家との関係をリアルに伝える「前田利長書状」など、加賀前田家ゆかりの貴重な品々も一堂に会します。
国内随一を誇る徳川美術館のコレクションを通じて、大名文化の粋をご堪能ください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る