特別展「賢治の祈り」宮沢賢治記念館

特別展「賢治の祈り」宮沢賢治記念館

名称:特別展「賢治の祈り」宮沢賢治記念館
会期:令和3年5月15日(土曜)から令和4年5月8日(日曜)まで
開催場所:宮沢賢治記念館
内容:第一期 ~羅須地人協会~ 令和3年5月15日(土曜)から9月5日(日曜)
   第二期 ~雨ニモマケズ~ 令和3年9月8日(水曜)から令和4年1月30日(日曜)
   第三期 ~農民芸術~ 令和4年2月5日(土曜)から5月8日(日曜)
住所:〒028-0114岩手県花巻市東和町土沢5区135
TEL:0198-42-4402
URL:宮沢賢治記念館

賢治が羅須地人協会の講義用に作図した「教材絵図」全49枚を1年間、3期にわけて公開しながら、「祈り」をテーマに賢治の思い描いた理想や思い、願いに迫る展示となります。
絵図は、鉛筆の下書きの上に墨や水彩絵の具、クレパスなどを使用し、いずれもきわめて丹念に、そして分かりやすさが重視され描かれています。
大正15年、賢治は花巻農学校を退職し、桜町にある宮沢家の別宅に移り住みました。ここで始まったのが、いわゆる「羅須地人協会」の活動で、近隣や近村の青年たちに農業に必要な科学の基礎や土壌学を講じました。
稲作を中心とした農業の安定のための知識と技術を伝えるべく、協会にかけた賢治の情熱が感じられる資料です。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る