特別展「オリンピック・ランゲージ:デザインでみるオリンピック」ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)

特別展「オリンピック・ランゲージ:デザインでみるオリンピック」ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)

名称:特別展「オリンピック・ランゲージ:デザインでみるオリンピック」ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
会期:2021年07月20日(火)~08月28日(土)
主催:公益財団法人DNP文化振興財団
共催:オリンピック文化遺産財団
共催:大日本印刷株式会社
協力:日本スポーツ振興センター
   東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
後援:日本オリンピック委員会
住所:〒104-0061東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F
TEL:03-3571-5206
URL:ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)

今夏のギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)は、オリンピック文化遺産財団との共催展「オリンピック・ランゲージ:デザインでみるオリンピック」を開催いたします。
オリンピックのポスターやエンブレム、ピクトグラムや聖火トーチ、メダルは、オリンピックのビジュアル・アイデンティティの一部として大会ごとにデザインされます。それらは開催都市や国の文化や精神、歴史に影響を受けてきました。
本展は、スイス、ローザンヌにあるオリンピック博物館で2018年5月10日から2019年3月17日に開催された展覧会「Olympic Language: Exploring the Look of the Games」を巡回するもので、デザインの面で画期的だった1964年東京、1968年メキシコシティ、1972年ミュンヘン、1994年リレハンメル、2004年アテネ。5つの大会に焦点を絞り、各大会のデザインがどのように統一感と個性を表現してきたかを探ります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る