秋季テーマ展示「四季のくらし、小さなまつり–新潟県の年中行事–」新潟県立歴史博物館

秋季テーマ展示「四季のくらし、小さなまつり–新潟県の年中行事–」新潟県立歴史博物館

名称:秋季テーマ展示「四季のくらし、小さなまつり–新潟県の年中行事–」新潟県立歴史博物館
会期:令和3年9月18日(土)~11月7日(日)
時間:9:30~17:00(観覧券の販売は16:30まで)
場所:新潟県立歴史博物館 企画展示室
休館日:月曜日(月曜が祝日の場合は翌平日)
観覧料:常設展観覧料でご覧いただけます。
  一般520円(410円)、高校・大学生200円(160円)、中学生以下無料
  ※(  )は20名様以上の団体料金
住所:〒940-2035新潟県長岡市関原町1字権現堂2247-2
TEL:0258-47-6130
URL:新潟県立歴史博物館

秋季テーマ展示「四季のくらし、小さなまつり–新潟県の年中行事–」新潟県立歴史博物館
秋季テーマ展示「四季のくらし、小さなまつり–新潟県の年中行事–」新潟県立歴史博物館

日本には四季があり、季節に合わせたくらしがあります。四季のくらしの中には、家や集落などで行われる小さなまつり=年中行事があり、それらは季節ごとの祈りや楽しみとして伝承されてきました。
年中行事は、次第にくらしの中から消えつつありますが、コロナ禍の中で、季節のうつろい・人々のつながりを感じる大切な機会として、その価値が見直されてきています。
本展覧会では、新潟県の年中行事に関する資料から、人々の季節の感じ方や神仏との関わり方について考えます。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る