「商都慕情Ⅱ」大阪市立住まいのミュージアム(大阪くらしの今昔館)

「商都慕情Ⅱ」大阪市立住まいのミュージアム(大阪くらしの今昔館)

名称:「商都慕情Ⅱ」大阪市立住まいのミュージアム(大阪くらしの今昔館)
会期:令和3年9月18日(土)~11月14日(日)
開館時間:10時~17時(入館は16時30分まで)
閉館日:火曜日 
会場:大阪市立住まいのミュージアム(大阪くらしの今昔館)企画展示室
入館料:(8階常設展示室の入場料を含む)
  一般4 0 0円(団体3 0 0円)
  高校生・大学生3 0 0円(団体2 0 0円)(要学生証提示)
  (注)団体は2 0名以上
  大阪周遊パスでもご入場いただけます。
  中学生以下、障がい者手帳等持参者(介護者1名を含む)、大阪市内在住の6 5歳以上の方は無料です。(要証明書提示)
住所:〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋6-4-20
TEL:06-6242-1170
URL:大阪市立住まいのミュージアム(大阪くらしの今昔館)

「商都慕情Ⅱ」大阪市立住まいのミュージアム(大阪くらしの今昔館)
「商都慕情Ⅱ」大阪市立住まいのミュージアム(大阪くらしの今昔館)

江戸時代、淀川は京都と大坂をつなぐ動脈として、人や物資が往来し、絵画にもよく描かれました。とくに、円山応挙が京都伏見から大坂天満橋までの両岸の光景を描いた絵巻がよく知られています※。この絵巻から昭和初期に大阪の絵師が6つの場面を模写していました。それが庭山耕園とその門人らによる「淀川両岸帖」です。当館はこの作品を2020年に新収蔵しました。収蔵後、本展が初公開となります。
大坂の市中には堀川が網目のように張り巡らされ、八百八橋と称されました。橋上や舟の上は町民にとって夕涼みや花火見物を楽しむ憩いの場でした。天神祭の船渡御の舞台も大川です。その熱気は江戸の浮世絵師歌川貞秀の錦絵にも描かれています。また、道頓堀の芝居をかける際に、役者が船に乗って市中を巡る「船乗込」も川筋で華やかに行われました。商いの流通や暮らし、そして文化が水とともにあった大坂。本展では大阪くらしの今昔館所蔵の絵画や錦絵を用いて、水都とよばれた大坂の情景を想起します。※「淀川両岸図巻」公益財団法人アルカンシエール美術財団蔵(本展の出品はございません)

【町家と茶室の展示】
 企画展示室内には、江戸時代における大坂の商家座敷の再現や、重要文化財 大徳寺玉林院茶室「蓑庵」の構造模型(公益財団法人 竹中大工道具館蔵)など実物大の模型を設置し、2種の建築から住まいと暮らしの様相をお見せします。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る