「館蔵品展「はかる」道具」山﨑記念 中野区立歴史民俗資料館

「館蔵品展「はかる」道具」山﨑記念 中野区立歴史民俗資料館

名称:「館蔵品展「はかる」道具」山﨑記念 中野区立歴史民俗資料館
会期:2021年9月1日(水)〜10月31日(日)
開館時間:■開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
料金:無料
休館日 月曜日、9月19日(日)、10月17日(日)
住所:〒165-0022 東京都中野区江古田4-3-4
TEL:03-3319-9221
URL:山﨑記念 中野区立歴史民俗資料館

「館蔵品展「はかる」道具」山﨑記念 中野区立歴史民俗資料館
「館蔵品展「はかる」道具」山﨑記念 中野区立歴史民俗資料館

今年2021年は、日本における近代計量制度が確立したとされる「度量衡法(どりょうこうほう)」公布から130年、計量単位のメートル法統一を定めた「度量衡法」改正から100年という節目の年にあたります。「はかる」という行為が人の生活に欠かすことができないのは昔も今も変わりません。ものさしや枡、秤といったものに代表される「はかる」道具は、昔から姿を変えずに使われているものや変化したものなど実にさまざまです。
本展覧会では、古くから日本で用いられてきた単位系「尺貫法(しゃっかんほう」にも注目して、計量制度のあゆみを概観しながら、人の生活と共にあゆんできた「はかる」の歴史と道具をご紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る