「出版120周年 ピーターラビット展」世田谷美術館

「出版120周年 ピーターラビット展」世田谷美術館

名称:「出版120周年 ピーターラビット展」世田谷美術館
会期:2022年3月26日(土)~6月19日(日)
休館日:毎週月曜日 ※ただし5月2日(月)は開館
会場:世田谷美術館 1階展示室
主催:世田谷美術館(公益財団法人せたがや文化財団)、朝日新聞社、フジテレビジョン、東映
後援:世田谷区、世田谷区教育委員会
協力:日本航空、ソニー・クリエイティブプロダクツ
住所:〒157-0075東京都世田谷区砧公園1-2
TEL:03-3415-6011
URL:世田谷美術館

今も世界中で愛され続けるいたずらなうさぎ、ピーターラビット™。英国の作家ビアトリクス・ポター™が、病気で寝込んだ幼い男の子のためペットのうさぎをモデルとして描いた絵手紙に始まる物語は、1902年の初出版以来多くの人々にゆかいな夢を与えてきました。本展では、『ピーターラビットのおはなし』誕生の背景や物語の世界を、英国外初公開を含むオリジナル原画などにより紹介し、愛らしいうさぎの120回めのお誕生日をお祝いします。

《ノエル少年への絵手紙》1893年 ヴィクトリア&アルバート博物館(ピアーソン)
《ノエル少年への絵手紙》1893年 ヴィクトリア&アルバート博物館(ピアーソン)
《『ピーターラビットのおはなし』初版本》1902年 フレデリック・ウォーン社
《『ピーターラビットのおはなし』初版本》1902年 フレデリック・ウォーン社
《『ピーターラビットのおはなし』挿絵用の原画》1902年 フレデリック・ウォーン社
《『ピーターラビットのおはなし』挿絵用の原画》1902年 フレデリック・ウォーン社
《『ピーターラビットのおはなし』挿絵用の原画》1902年 フレデリック・ウォーン社
《『ピーターラビットのおはなし』挿絵用の原画》1902年 フレデリック・ウォーン社
《ピーターが見ている夢》1895年 ヴィクトリア&アルバート博物館(リンダーコレクションからの寄贈)
《ピーターが見ている夢》1895年 ヴィクトリア&アルバート博物館(リンダーコレクションからの寄贈)
《暖炉の側で横たわるピーター》1899年 ヴィクトリア&アルバート博物館(リンダーコレクションからの寄贈)
《暖炉の側で横たわるピーター》1899年 ヴィクトリア&アルバート博物館(リンダーコレクションからの寄贈)

<巡回情報>
■大阪・あべのハルカス美術館
会期:2022年7月2日(土)~9月4日(日)
■静岡・静岡市美術館
会期:2022年9月15日(木)~11月6日(日)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る